タイムセールのMate 10 lite 頭金6696円は得なのか!?【ワイモバイルオンラインストア】




日々ワイモバイルオンラインストアのお得情報のチェックに余念のない私の目に飛び込んできた” Mate 10 lite 6696円 “の文字。

タイムセール限定の文字に高まる鼓動。

『ワイモバイルがまた Mate 10 lite のバラマキ作戦を強化したのか!』と期待が膨らみ、人差し指のクリックに力が入る。

落ち着け、落ち着くんだ。冷静に情報を確認するんだ。

実質、何も変わっとらんやないか!!!( ;´Д`)

という結論に着地するんですが、まぁ解説していきます。



Mate 10 lite のは購入方法によって料金や端末価格が変わる

ワイモバイルオンラインストアで Mate 10 lite をワイモバイルSIMとセットで購入する場合、どこをクリックして契約するかによって料金や端末価格など条件がちょこちょこ変わります。

ワイモバイルは小さな落とし穴を用意するのが大好きなんですね。

オンラインストアのオーソドックスルートの場合

まず、ワイモバイルオンラインストアに入って一番目に付きやすいところから Mate 10 lite を選択して契約に進むと、案内される料金はこのようになります↓

新規・MNP Mate 10 lite
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 950×24ヶ月 950×24ヶ月 950×24ヶ月
月額割引(F) ▲400×24ヶ月 ▲800×24ヶ月 ▲800×24ヶ月
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 2530 3130 5130
2年目 3530 4130 6130
2年総額 72720 87120 135120
購入時本体
支払い金額
20000 20000 20000
総支払金額 92720 107120 155120

※税抜き価格です。

この金額がオンラインストアのデフォルトという感じ。

オンラインストアの『格安SIMも、ワイモバイルで!』ルートの場合

続いてオンラインストアの下の方にある『格安SIMも、ワイモバイルで!』の赤いふてにゃんをクリックして Mate 10 lite を選択するとこちらの金額に。

新規・MNP Mate 10 lite
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 950×24ヶ月 950×24ヶ月 950×24ヶ月
月額割引(F) ▲400×24ヶ月 ▲800×24ヶ月 ▲800×24ヶ月
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 2530 3130 5130
2年目 3530 4130 6130
2年総額 72720 87120 135120
購入時本体
支払い金額
20000  18333   18333 
総支払金額 92720 105453 153453

※税抜き表記です。

月額料金は変わらないのですが、M・Lプランを選択すると1667円 Mate 10 lite の購入金額が安くなります。

同じ時間に、同じワイモバイルオンラインストアで同じスマホを契約しているのにもかかわらず、若干ではありますが金額差が生じます。

タイムセールでもやっていた Mate 10 lite 一括10584円(税込)のルートは複数

この記事を書いているのが4月5日なんですが、4月3日のお昼間に『格安SIMも、ワイモバイルで!』ルートで契約すれば Mate 10 lite の購入金額が一括9800円(税込10584円)となりました↑

この条件はちょくちょく夜のタイムセールにも登場した条件です。

条件は新規、ドコモ・auからの乗換でM・Lプランだと料金はこうなっていました↓

新規・MNP Mate 10 lite
Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 3980 5980
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 2980 4980
2年目 3980 5980
2年総額 83520 131520
購入時本体
支払い金額
9800 9800
総支払金額 93320 141320

※税抜き表記です。

この条件は契約できる時とできない時があり、総支払金額を見てもわかる通りお得な神出鬼没的存在(そんなにレアでもありませんが)だったわけです。

  • オーソドックスルート:総支払金額 107120円
  • 『格安SIMも、ワイモバイルで!』ルート :総支払金額 105453円
  • 神出鬼没ルート:総支払金額 93320円

※Mプラン(6GB)の場合

 

私も『この条件が当たりなんだなぁ~』と思ってたわけですが、そこに” Mate 10 lite 6696円 “の文字が飛び込んで来たのでピクンと反応したんです。

『ワイモバイル、また Mate 10 lite とのセットを値下げしたのか!』と。

【検証】Mate 10 lite 6696円はお得なのか

『お~、Mate 10 lite の購入金額が下がっている!』と一瞬私も思いました。

これが新パターンの Mate 10 lite お得セット(6696円の方)の料金内訳です↓

新規・MNP Mate 10 lite
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 950×24ヶ月 950×24ヶ月 950×24ヶ月
月額割引(F) ▲400×24ヶ月 ▲800×24ヶ月 ▲800×24ヶ月
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 2530 3130 5130
2年目 3530 4130 6130
2年総額 72720 87120 135120
購入時本体
支払い金額
20000  6200   6200 
総支払金額 72720 93320 141320

※税抜き表記です。

しかし、気付いたんです。『あれ、なんか本体代金が分割払いになって、実質負担金額があるぞ?』と。

これはどっちが得なのか、検証しなければいけません。

  • 旧:一括9800円
  • 新:分割実質負担150円×24ヶ月=3600円 と 購入時支払い金額6200円 = 9800円

 

同じやないかぁ~~~い(/・ω・)/

結論、Mate 10 lite は分割&6696円でも一括10584円でも総支払額は同じ

新しく出てきたオンラインストアの” Mate 10 lite 6696円(税込) “は、トータルで支払う金額として一括10584円(税込)の時と同じです。

得でもないし、損でもありません。

なぜワイモバイルがこのような微妙な変化をつけてきたの説明はありませんが、新パターンの方がキャンペーンを利用した不正(即解約など)の抑止効果が高まると推測できます。

  • 旧:即解約時 ⇒ 短期契約解除料10000円 と 契約解除料 9500円 = 19500円
  • 新:本体代金の分割金950円×24ヶ月 = 22800円 と 契約解除料9500円 = 32300円

 

ワイモバイルも『3月の繁忙期も終わったし、不正契約でも潰していくか』と考えたんですかね。

Mate 10 lite 分割&6696円(税込)の申し込みはタイムセールルートから

↑オンラインストアのタイムセールはサイト下部のこの赤い囲みから行けます。

開始は21:00からで、日中はやっていませんのでご注意あれ。ブックマークでもして夜に訪れましょう。

普通に契約して使う方なら旧と新で料金差はないので、ぜひタイムセールルートで Mate 10 lite と一緒にワイモバイルへお越しくださいませ(*^-^*)

\\ワイモバイルオンラインストアはこちら//









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。