ワイモバイルとUQモバイルのiPhoneSEはどっちが安い?料金徹底比較




『ワイモバイルかUQモバイルでiPhoneSEを検討しているんだけど、どっちが安いのか誰か教えて!』という声に応えるべく様々なパターンで料金がどうなるのか解説します。
 
家族や自分で複数台契約する場合、家のインターネットも含める場合、下取りする場合などで月額料金は変わります。
 
あなたの場合だとワイモバイルとUQモバイルどっちのiPhoneSEが安く使えますか?



単回線で契約する

まず契約するのは1回線だけ、家族にワイモバイルやUQモバイルのユーザーはいないし、家のインターネットも使ってないしポケットwifiも使ってない。学割も下取りも関係ありませんというパターンです。
 

新規・ドコモ・auからの乗り換え

契約するのは1回線で、新規・ドコモ・auから乗り換えたパターンの料金です。
 
このパターンでiPhoneSEの容量が32GBを選ぶと料金はワイモバイルもUQモバイルも変わりません。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2980 2980 3980 3980 5980 5980
月額料金(2年目) 3980 3980 4980 4980 6980 6980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 
細かな違いを上げればUQモバイルの▲1000割引はワイモバイルより1ヶ月ながいので、UQモバイルの方が1000円安くなります。ただしかけ放題はUQモバイルが5分までなのに対し、ワイモバイルは10分までです。
 

ソフトバンクからの乗り換え

1回線のみの契約で、ソフトバンクから乗り換えるパターンの料金です。
 
ソフトバンクからの乗り換えの場合、ワイモバイルは新規・ドコモ・auからの乗り換えに比べ月々+500円高くなり、これがそのままUQモバイルとの料金差となります。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 3480 2980 4480 3980 6480 5980
月額料金(2年目) 4480 3980 5480 4980 7480 6980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

複数回線で契約する

家族と、もしくは自分で複数回線契約する場合の料金について解説します。
 

家族or自分がUQモバイルユーザー

家族や自分でUQモバイルをすでに契約している状態でUQモバイルのiPhoneSEを契約する場合、複数回線契約の割引はありません。
 

新規・ドコモ・auからの乗り換え

家族や自分でUQモバイルをすでに契約している状態で新規・ドコモ・auから乗り換えるパターンの料金です。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2980 2980 3980 3980 5980 5980
月額料金(2年目) 3980 3980 4980 4980 6980 6980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

ソフトバンクからの乗り換え

家族や自分でUQモバイルをすでに契約している状態でソフトバンクから乗り換えるパターンの料金です。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 3480 2980 4480 3980 6480 5980
月額料金(2年目) 4480 3980 5480 4980 7480 6980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

家族or自分がワイモバイルユーザー

家族がワイモバイルを契約している人がワイモバイルを契約する、もしくは自分で複数台契約するとワイモバイルであれば家族割という割引が適用され月々▲500円安くなります。
 
『これから家族でまとめて乗り換えようと思ってるんだよね』という場合はワイモバイルの方がお得になります。
 
ワイモバイルの家族割が適用されるのは2回線目からで、2回線目以降は家族割で申し込むと事務手数料の3000円もかからず契約できます。
 
UQモバイルの場合もSIM代金として3000円事務手数料みたいなものがかかるのでここも差のつくポイントですね。
 

新規・ドコモ・auからの乗り換え

家族がワイモバイルを契約している、もしくは自分で複数台契約するパターンで新規・ドコモ・auからの乗り換えた場合の料金です。
 
家族割適用のワイモバイルが安くなっています。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2500 2980 3480 3980 5480 5980
割引の残り ▲20
月額料金(2年目) 3480 3980 4480 4980 6480 6980
月額料金(3年目~) 2480 2980 3480 3980 5480 5980

 
“割引の残り”▲20円という謎の項目が出現していますが、これはワイモバイルは本体代金の分割金に割引を当てられないというルールによる割引しきれない残りの金額です。
 
iphoneSEの32GBは本体代金の分割金が月々2500円なのですが、ここに割引が当てられずに▲20円残ります。これはオプションや通話料から割引が可能なので、通話料がかかったりオプションに入ればそこから割引されます。
 

ソフトバンクからの乗り換え

家族がワイモバイルを契約している、もしくは自分で複数台契約するパターンでソフトバンクから乗り換えた場合の料金です。
 
ソフトバンクからの乗り換えの場合でも、家族割を適用させるとワイモバイルとUQモバイルの金額差がなくなります。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2980 2980 3980 3980 5980 5980
月額料金(2年目) 3980 3980 4980 4980 6980 6980
月額料金(3年目~) 2480 2980 3480 3980 5480 5980

 
3年目以降も使い続けるならワイモバイルの方が安くなりますね。
 

学割

UQモバイルの学割もワイモバイルのヤング割も、2年目の月額料金から▲1000円×12ヶ月割引しますよといいうもので、18歳以下の利用者登録をすれば割引が適用になります。
 

新規・ドコモ・auからの乗り換え

学割で新規・ドコモ・auからの乗り換えたパターンの料金です。このパターンは料金差がありません。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2980 2980 3980 3980 5980 5980
月額料金(2年目) 2980 2980 3980 3980 5980 5980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

ソフトバンクからの乗り換え

学割でソフトバンクからの乗り換えたパターンの料金です。学割の場合でもソフトバンク乗り換えだとUQモバイルの方が500円安く使えます。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 3480 2980 4480 3980 6480 5980
月額料金(2年目) 3480 2980 4480 3980 6480 5980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

下取り

UQモバイルには下取りはありませんが、ワイモバイルには下取りがあります。今回の試算はiPhone6を下取りに出して▲400円の割引を24ヶ月受けた場合の料金として計算しました。
 
その他の機種の下取り金額はこちらから確認できます。
 

新規・ドコモ・auからの乗り換え

下取りをする前提で新規・ドコモ・auからの乗り換えたパターンの料金です。下取り分ワイモバイルが安くなりますね。3年目は下取りの割引がなくなるので金額差がなくなります。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2580 2980 3580 3980 5580 5980
月額料金(2年目) 3580 3980 4580 4980 6580 6980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

ソフトバンクからの乗り換え

下取りをする前提でソフトバンクから乗り換えたパターンの料金です。ソフトバンクからの乗り換えですが下取りにより料金差が100円になっていますね。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 3080 2980 4080 3980 6080 5980
月額料金(2年目) 4080 3980 5080 4980 7080 6980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

家のインターネットも含めて検討

家のインターネットを使っているならそこをまとめると割引が受けられます。ワイモバイルユーザーなら家のインターネットをソフトバンク光にして光セット割を申し込めばスマホプランSMLに応じた割引が受けられますよ。
 
UQモバイルの場合KDDI傘下ではありますが残念ながら家のネットをau光やJcomにしても割引はありません。
 

新規・ドコモ・auからの乗り換え

家のインターネットをソフトバンク光にして新規・ドコモ・auからの乗り換えたパターンの料金です。
 
ワイモバイルの光セット割は1契約あたり2ギガプランで▲500円、6ギガプランで▲700円、14ギガプランで▲1000円、月々のスマホの料金から割引されます。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2500 2980 3280 3980 4980 5980
割引の残り ▲20
月額料金(2年目) 3480 3980 4280 4980 5980 6980
月額料金(3年目~) 2480 2980 3280 3980 4980 5980

 

ソフトバンクからの乗り換え

家のインターネットをソフトバンク光にしてソフトバンクから乗り換えたパターンの料金です。
 
ソフトバンクからの乗り換えの場合でも家のネットをソフトバンク光にしてしまえば2ギガプランで料金差なし、6ギガプランからはワイモバイルの方が安くなります。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2980 2980 3780 3980 5480 5980
月額料金(2年目) 3980 3980 4780 4980 6480 6980
月額料金(3年目~) 2480 2980 3280 3980 4980 5980

 

ポケットwifiを使っている

ポケットwifiとiphoneSEを同サービスで契約する場合、ワイモバイルには割引がありますがUQモバイルにはありません。
 
加えてこれからポケットwifiも契約したいという方で25歳以下ならワイモバイルにはポケットwifiの学割も適用できお得になります(2017年5月31日まで)。
 

wimaxを契約中

先ほど話した通りUQモバイルの場合、wimaxと組み合わせても月々の割引はありません。
 

新規・ドコモ・auからの乗り換え

wimaxを契約中もしくはこれから契約する前提で、新規・ドコモ・auからの乗り換えたパターンの料金です。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2980 2980 3980 3980 5980 5980
月額料金(2年目) 3980 3980 4980 4980 6980 6980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

ソフトバンクからの乗り換え

wimaxを契約中もしくはこれから契約する前提でソフトバンクから乗り換えるパターンの料金です。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 3480 2980 4480 3980 6480 5980
月額料金(2年目) 4480 3980 5480 4980 7480 6980
月額料金(3年目~) 2980 2980 3980 3980 5980 5980

 

ワイモバイルのポケットwifiを契約中

ワイモバイルのiPhoneSEとポケットwifiを契約する場合、先ほど解説した家族もしくは自分で複数回線契約する家族割という割引が適用になります。
 
ポケットwifiもしくはiphoneSEは自分名義じゃなくても家族の契約であれば割引が受けられます。『自分はポケットwifi持ってないけどお父さんが契約してたな』という場合でも大丈夫というわけですね。
 
ワイモバイルのポケットwifiの学割(25歳以下)は使い放題(上限なし)が4380⇒3696円で3年間使えるというもので、学割+家族割と併用してiPhoneSEを▲500円割引することができます。
 
『ポケットwifiも考えてたんだよ』という場合はワイモバイルでまとめれば▲500+▲684円=1184円月々お得に使える計算になります。
 

新規・ドコモ・auからの乗り換え

ワイモバイルのポケットwifiを契約中もしくはこれから契約する前提で、新規・ドコモ・auからの乗り換えるパターンの料金です。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2500 2980 3480 3980 5480 5980
割引の残り ▲20
月額料金(2年目) 3480 3980 4480 4980 6480 6980
月額料金(3年目~) 2480 2980 3480 3980 5480 5980

 
割引の残り▲20円は先ほど説明した”本体代金の分割金からは割引できませんルール”によって生じた割引しきれない残りの金額ですが、これは通話料やオプション料がかかればそこから割引されます。
 

ソフトバンクからの乗り換え

ワイモバイルのポケットwifiを契約中もしくはこれから契約する前提で、ソフトバンクから乗り換えるパターンの料金です。
 
ワイモバイルのポケットwifiと一緒にiphoneSEを契約すればソフトバンクからの乗り換えでも料金差はなくなります。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2980 2980 3980 3980 5980 5980
月額料金(2年目) 3980 3980 4980 4980 6980 6980
月額料金(3年目~) 2480 2980 3480 3980 5480 5980

 
ここに下取りを入れればさらにワイモバイルは安くできますね。ワイモバイルの割引は併用できるものが多くあるので解説します。

割引を組み合わせる

『ワイモバイルって色んな割引やってんだなー』と感じた人は多いと思いますが、これらの割引はなんと組み合わせて使うことができてしまいます。

家のインターネットも含めて学割でiPhone6を下取り

家のインターネットをソフトバンク光にして、ヤング割と下取りを適用させてワイモバイルでiPhoneSEを契約する場合の料金です。
 
例えばこの強烈なコンボを炸裂させてワイモバイルを契約すると14ギガで10分かけ放題でiphoneSEの本体代金込みで2年間月額料金が4580円となってしまいます。
 

ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル ワイモバイル UQモバイル
データ通信量 2ギガ 6ギガ 14ギガ
かけ放題 10分 5分 10分 5分 10分 5分
月額料金(1年目) 2500 2980 2880 3980 4580 5980
割引の残り ▲420
月額料金(2年目) 2500 2980 2880 3980 4580 5980
割引の残り ▲420
月額料金(3年目~) 2480 2980 3280 3980 4980 5980

 
比較対象として15ギガ使える格安SIMを持ってくるとfreetelが4380円、DMMが3980円ですがこれはかけ放題もない、本体付いてこないデータ通信のみの話です。コンボが炸裂するとやばいですね。
 

併用できる割引

こちらはOKな併用パターンです↓
・学割(ヤング割)、家族割、下取り⇒〇
・学割(ヤング割)、光セット割、下取り⇒〇
 

併用できない割引

併用できないのは家族割と光セット割の組み合わせです↓
・家族割、光セット割⇒×
 
この場合月々の割引は重複しません。
 
ふたつ同時に申し込んだ場合、月々の割引は光セット割が優先され家族割の割引は適用されませんが、家族割のもうひとつの特典である事務手数料無料は適用されるので申し込みは両方やっておきましょう。
 

まとめ

ワイモバイルとUQモバイルのiPhoneSEですが、料金の比較になると様々な割引が用意されているワイモバイルの方が月々安くパターンが豊富です。
 

  • 自分もしくは家族で複数台契約になるのか
  • 下取りするスマホがあるか
  • ポケットwifiは使っているか
  • 家のインターネットも含めて検討しているか
  • 組み合わせられる割引はないか

 
このポイントに着目して割引が受けられるなら、ワイモバイルの方がiPhoneSEを安く持てそうですね。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。