ワイモバイルからHUAWEI P20 liteが6月15日に発売!月額料金とスペックの解説




【更新日6月16日】P20 lite の月額料金について追記しました。

P20 lite の詳細スペックをnova lite 2 とnova lite と比較したものを追記しました。

ワイモバイルから発売された HUAWEI の新機種 P20 lite についてスペック比較や月額料金の詳細、端末価格についてまとめています。

『この夏にはワイモバイルの新機種は発売されないの?』と思っていた方、おめでとうございます!

なおワイモバイルは月額料金については調整中としていますが、おおよそ見当がついていますので解説します。



P20 lite の発売日はいつか

P20 lite の発売日は6月15日の中旬と発表です。

ワイモバイルの過去製品の多くが金曜日に発売されたことを考えると、6月18日(金)、6月25日(金)のどちらか←予想を外したというか、5月のカレンダー見て”6月18日”とか言ってる恥ずかしいやつでした(;´・ω・)。

2018年は P20 lite でしたが、これまで P〇 lite シリーズは2017年がP10 lite、2016年はP9 lite 、2015年はP8 lite  がそれぞれ6月に一年周期で発売されてきました。

SIMフリースマホとして発売される場合もう少し早く発売日の情報が発表されるものなんですが、今年は発表がやけに遅く、もしやと思っていましたがキャリアからの発売となりました。

HUAWEI も凄いですね。2018年夏モデルはめでたくドコモ、au、ソフトバンクの3キャリア完全制覇を成し遂げてしまいました。

P20 lite の月額料金・端末価格

ワイモバイルの P20 lite の本体価格は、一括購入の場合1750円×24ヶ月=42000円(税込45360円)+頭金540円の45900円です。

新規・MNPでスマホプランM(6GB)を選択すれば P20 lite の本体代金は500円×24ヶ月=12000円。

SIMフリーの P20 lite の発売価格は31980円で、ワイモバイルSIMカード単品をスマホプランM(6GB)で契約すると月額料金から合計14400円の値引きが受けられることを差し引くと、実質負担は17580。

上記の計算からワイモバイルで P20 lite を契約するならセット契約がお得のようですね。

新規・ドコモ、auからの乗換、PHSからの契約変更時の月額料金

新規・MNP・PHS P20 lite ワイモバイル
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 1750×24 1750×24 1750×24
月額割引 ▲750×24 ▲1250×24 ▲1250×24
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 2980 3480 5480
2年目 3980 4480 6480

ソフトバンクから乗換時の月額料金

ソフトバンク P20 lite ワイモバイル
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 1750×24 1750×24 1750×24
月額割引 ▲250×24 ▲750×24 ▲750×24
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3480 3980 5980
2年目 4480 4980 6980

スマホプランから機種変更時の月額料金

機種変更 P20 lite ワイモバイル
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 1750×24 1750×24 1750×24
月額割引 ▲250×24 ▲750×24 ▲750×24
料金合計 4480 4980 6980

月額料金はUQモバイルを追随

P20 lite の月額料金はまだ発表されていませんが、ソフトバンク(ワイモバイルの運営母体)は本体代金の実質的な負担額は月々500円程度と言っています。

ワイモバイルから発表された p20 lite の月額料金は、事前情報通りでUQモバイルと同じとなりました。

こちらがUQモバイルの P20 lite の月額料金です↓

新規・MNP おしゃべり/ぴったりプラン
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 1200×24 1200×24 1200×24
マンスリー割 ▲200×24 ▲700×24 ▲700×24
イチキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 2980 3480 5480
2年目 3980 4480 6480

ワイモバイルとUQモバイルは iPhoneSE や iPhone6s など競合する製品をどちらかが値下げすれば、一方もそれに合わせるなどこれまでも意識し合ってきました。

今回の P20 lite も世間的に話題を集める人気機種ということもあってか、料金後出しのワイモバイルはUQモバイルに料金を合わせてきました。

どちらのキャリアでも期待通り P20 lite は人気機種として売れて欲しいですね~

P20 lite の詳細スペック(nova lite 2 とnova lite との比較を添えて)

ワイモバイルで2017年10月(世間的には2月)に発売されたnova lite とその後継機である nova lite 2 (ワイモバイルオンラインストアでセット販売中)とのスペック比較です。
※横にスクロールできます
HUAWEI P20 lite HUAWEI nova lite 2 HUAWEI nova lite
メーカー HUAWEI HUAWEI HUAWEI
OS Android 8.0 Oreo Android 8.0 Oreo Android 7.0 Nougat
CPU Kirin659
(2.36GHz×4 + 1.7GHz×4)
Kirin659
(2.36GHz×4 + 1.7GHz×4)
Kirin655
(2.1GHz×4 + 1.7GHz×4)
メモリ(RAM) 4GB 3GB 3GB
ストレージ(ROM) 32GB 32GB 16GB
ディスプレイ(解像度) 5.8インチ
FHD+(2280×1080) TFT
19:9
5.65インチ
FHD+(2160×1080) TFT
18:9
5.2インチ
FHD(1920×1080) IPS
16:9
バッテリー容量 3000mAh 3000mAh 3000mAh
カメラ(メイン/フロント) 1600+200万画素/
1600万画素
1300+200万画素/
800万画素
1200万画素/
800万画素
連続待受時間 WCDMA:454時間
LTE:433時間
WCDMA:ー
LTE:ー
WCDMA:670時間
LTE:531時間
サイズ(高さ×幅×厚さ) 149×71×7.4 150.1×72.05×7.45 147.2×72.9×7.8
重さ 145g 143g 147g
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM nanoSIM
Wi-Fi(対応規格、周波数) a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5.0GHz
b/g/n
(2.4GHz)
b/g/n
(2.4GHz)
対応周波数帯 W-CDMA
1/2/5/6/8/19FDD-LTE
1/3/5/8/18/19/26/28TDD-LTE
41
W-CDMA
1/2/5/6/8/19FDD-LTE
1/3/5/7/8/19/20TDD-LTE
W-CDMA
1/5/6/8/19FDD-LTE
1/3/5/7/8/19/28TDD-LTE
40
最大通信速度 187.5Mbps 150Mbps 150Mbps
カラー クラインブルー
ミッドナイトブラック
サクラピンク
ブルー
ブラック
ゴールド
ホワイト
ブラック
ゴールド
充電端子 Type-C microUSB microUSB
指紋認証
ハイレゾ
ワンセグ
おサイフケータイ
防水/防塵
耐衝撃
microSDカード 〇 最大256GB 〇 最大256GB 〇 最大128GB
DSDS

前年モデルの nova lite には完勝するのは当たり前として、nova lite 2 と比較しても P20 lite ははっきりとした差を作れていると感じます。

  • RAM:4GB
  • メイン・フロントカメラの強化
  • Type-C
  • ハイレゾ対応
  • ac対応

nova lite 2 との表面的なスペック差はこんなところですが、今夏のPシリーズはカメラ推しなところがあるので P20 lite の方がイメージセンサーも優れていたりするんじゃないでしょうか。

あとはデザイン。これは好みの問題かもしれませんが、私は P20 lite が好きですね。特に nova lite 2 のカメラ周りが気になっていて↓ コレ iPhone 6s みたいに見えませんか?

数年前のモデルじゃないんだから、カメラが出っ張るとしてもキレイに見せて欲しいですよね。そのあたりを P20 lite は心得ています(●´ω`●)

で、これらを踏まえ価格の話をすると、6月1日より家電量販店で取り扱い開始された nova lite 2 の発売価格は25980円に対し、6月15日から発売されるSIMフリーモデルの P20 lite の発売予想価格は31980円

本当に HUAWEI の価格設定はうまい!コスト重視の方にも性能・機能面でリーチできる nova lite 2 の25980円に、他の3~4万円台SIMフリースマホがガクブルするような P20 lite の31980円。

6000円の差を機能・性能面にうまく持たせ、他社製品と戦えるよう絶妙な価格設定をしています。

で、そのSIMフリーなら31980円予想価格の P20 lite ですが、ワイモバイルなら実質500円×24ヶ月=12000円となる予定なので価格面を考えてもワイモバイルで購入するのはお得

いやぁ、売れそうですね~ P20 lite (´・ω・`)b

P20 lite のおすすめポイント

今年発表なった HUAWEI の Pシリーズは暗所でのカメラの撮影性能がグンとアップしています。

P20 lite もわずかな光を上手に拾って、暗いところで撮った写真も今まで以上にキレイに写るように進化しました。

P20 lite はワイモバイル初のデュアルカメラ端末であり、スマホが苦手な暗所での撮影も進化していますので『高いスマホは求めてないけど、それなりにカメラはこだわりたいよなぁ』という方にはおすすめですよ。

デザインも先進的で、今流行りのノッチ付きです。

iPhoneXのパクリなんて言われても、カッコイイならいいじゃないですか(*‘ω‘ *)

背面もほら、ステキですよ。

なんせ、シャレオツな感じがたまりません。

私はデザインもスマホを選ぶ重要な要素だと思います。

見た目もこだわりたいあなたのハードルも、P20 lite なら超えられるのではないでしょうか。

まとめ

いやぁ、ワイモバイルから P20 lite の発売決定、やりましたね(●´ω`●)

先にUQモバイルからの発売を知ったので、また今回も出し抜かれたかとがっかりしていたところ、ワイモバイルからの発売のニュースを見て歓喜しましたよ。

本体代金の実質負担も 500円×24ヶ月=12000円 とリーズナブル!

料金もいい感じに設定されたので、これは売れる予感がしますなぁ~~~









2 件のコメント

    • どうもです~
      おー、P20 liteにするんですね、いいじゃないですか(●´ω`●)
      あと4日、4Sが壊れないことを祈っています笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。