【朗報】ワイモバイルの2年縛りが2019年3月末に廃止される可能性




『ワイモバイルって魅力的なサービスなんだけど2年縛りがちょっとね・・・』と躊躇していたアナタ!もしかすると忌まわしき2年縛りの呪縛からワイモバイルが解放されるかも知れません。

総務省の神の雷が携帯会社に直撃し、遅くとも来春までに動きがあるようです。

これから携帯大手3社のスマホやワイモバイルの契約を考えている方はぜひ読んでください。

『2年経ったら縛っちゃダメ』の総務省

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯大手3社に対して総務省はこれまでも色々と口を出してきました。

  • キャッシュバックするんじゃね~ぞ
  • データ通信量を使わない人向けのプランも充実させろ
  • そもそも談合してないでもうちょい料金を下げろよ

携帯ビジネスは莫大な資金が必要になる上、電波は認可制なのでかんたんに参入することができません。

そうなると競争の原理が働きにくく、『俺ら3人で談合して甘い汁吸わね』ということもできてしまいます。

そんな状況プラス「電波は国民の共有財産」ということもあり総務省は色々と口を出すわけですが、6月6日に総務省がオーダーしたのは「2年経過したら違約金や25カ月目の通信料金なしで解約できるようにしてね」というもの。

この行政指導を受けて携帯3キャリアは前向きに返事をしていまして、我らがワイモバイルの運営会社であるソフトバンクも、

『要請に基づき、対応を検討していく予定です』

とコメントしています。

もちろんソフトバンクという企業がこれに応じるならソフトバンクというサービスだけではなくて、ワイモバイルというサービスでも応じないといけません。

契約してから2年は縛られるものの、2年経過後は縛りから解放されるようになるというのはユーザーにとっては嬉しい話です。

いつ2年縛りから解放されるのか

総務省は2019年3月末までに見直せぃと携帯大手3社に言っています。

行政指導があったのが2018年6月6日(この記事は6月10日に書いてます)なので、まだ具体的な回答はどこも出していませんが。

仮に3社とも対応するとすれば「2年経過したら違約金や25カ月目の通信料金なしで解約できるようにしてね」が2019年3月末までに実現することになります。

そうなると『やべ、更新月だから今月中にスマホをどうするか考えないと!』というプレッシャーから解放され、『そろそろこのスマホも動きが悪くなって来たなー。あーもう3年も使ってたか~。格安スマホについて調べてみるか~』となる感じ。

焦らなくても自分のペースでサービスが選べるようになるのはいいことですね。

スマホの本体代金4年分割という蟻地獄

でもこの行政指導も携帯会社からすればありがたくなり話ですよね。縛ってれば解約されても違約金がゲットできますから。

携帯大手3社は以前から総務省に『縛るな!縛るな!』言われてましたので、いつか明確なデッドラインが示されることを予想してこすい作戦を講じていました。

それがスマホの本体代金を4年分割にして安く見せ3年目以降に機種変更させる=「契約で縛れないならスマホの分割代金で縛れ」作戦

客『4年分割か~長いな~』

店員『でも2年分支払ったら残りはチャラにして機種変更できる魔法があるんですよ~だったら月々の料金を安くできる4年分割の方がお得じゃないですか~?』

客『そっか~じゃあそれでー、最新のiPhoneで~』

店員『あざま~す』

という具合にこの罠に引っかかった人は例え2年経過後の規約金が無くなったとしても、なかなかその携帯会社から乗り換えるのは難しいでしょう。

違約金が無かったとしても本体代金の分割金は4年間きっちり払わないとダメなら乗り換えのハードルは高く、2年も使えばスマホも買い替え時期なわけで、泣く泣く月額料金の高い機種変更せざるを得ないという状況。

なんという蟻地獄!!!

( ;∀;)

こーゆーのを見ると、総務省と携帯会社のいたちごっこにしか見せません。

HUAWEI の販売戦略から感じる危機感

HUAWEI は2018年夏、ドコモ、au(UQモバイル含む)、ソフトバンク(ワイモバイル含む)と手を組んでスマホを販売する戦略に大きく舵を切りました。

これまでSIMフリースマホ市場を主戦場とし、その中で無双状態の HUAWEI がキャリアと組むということは、それだけ契約とスマホの抱き合わせ販売がうまい商売なのでしょう。

メーカーとしても大きなロットで携帯会社にスマホが売れて、携帯会社はその見返りとして P20 Pro のような人気商品を独占する。

この動きが強まればそのうち HUAWEI だって日本でSIMフリースマホを売らない Samsung や SONY のようになってしまうかも知れません。

SIMフリースマホ市場に魅力的な機種が少なくなれば格安SIM(MVNO)の発展も進まないってことになりますよ、総務省さん!

2年縛り廃止の恩恵を受けるなら契約とスマホは分けるべし!

契約とスマホの本体購入が結び付いていることは当たり前ではなく、選択肢の一つです。

例え2年縛りがなくなったとしても、スマホの本体代金の分割に縛られて身動きが取れないなら結局のところ契約に縛られているのと変わりません。

それに携帯会社の蟻地獄作戦なんかにハマったら悔しいじゃないですか。

私は自由に選択したいので、契約とスマホは別である方がいいと思います(SIMフリー市場が賑わって欲しいですし!)。

なので、ワイモバイルを選ぶにしてもワイモバイルSIMカードを単品契約してSIMフリースマホで使うのがいいですよ(実際私もそうしてます)。

そうすれば2年以降とかじゃなくて、完全に2年縛りが無くなった時にスマホの分割とか関係ないSIMカード単品契約は身軽ですからね。

ということで、最後は宣伝に着地させてみました(´・ω・`)b

みんなワイモバイルにかも~ん(≧▽≦)

【6月】ワイモバイルSIMで1万4400円割引 キャッシュバック&キャンペーンまとめ

2018.06.09








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。