ワイモバイルから浮気してIIJに乗換えたら有馬記念でえらい目にあった話




ワイモバイルから浮気して格安SIM(MVNO)のIIJに乗換えたら有馬記念でえらい目にあいました。

馬券で大金をスッたという話ではありません。

この経験から『やっぱりワイモバイルだよな』と、私のワイモバイル愛が深まったという話です。



ワイモバイルからIIJへ浮気


 
2013年11月にワイモバイルのNexus5を契約した私は、2015年12月にめでたく更新月を迎えました。
 
今のワイモバイルスマホとはちがって、Nexus5は最初からSIMフリー
 
Nexus愛も強かったので、機種はそのままでSIMだけワイモバイルからMVNOに乗り換えることにしました。
 
 
理由はひとつ、ワイモバイルと格安SIMの差を体感したいというもの。
 
 
どこの格安SIMにするか考えた結果、老舗であるiijに決めました。
 
計画としては春商戦のタイミングでワイモバイルのおいしいキャンペーンがあれば、それを使ってまたワイモバイルに復帰する予定でした。
 

初MVNOの感想

正直に言って、心配していたネットの通信速度は思ったほどストレスを感じませんでした。
 
たまに『おお、どうした?』と急激に遅くなってスムーズにネット通信できないことはありますが、約95%はぼちぼちのスピードで使えていたので『思っていたほど悪くないじゃん』とMVNOを見直してました。
 
 
ある出来事があるまでは。
 
 

浮気の代償

時は2015年12月27日(日)。場所は千葉県船橋市古作1-1-1。ピンと来た方もいるかも知れませんね、そう中山競馬場です。
 
当時私は千葉県民。
 
家から中山競馬場も近かったので、年に1度のグランプリレースをせっかくだから見てみるかと、有馬記念に向かったのでした。
 

さすが、有馬記念

昼過ぎに着いたのですが、G1開催ということもあり中山競馬場はおおにぎわい。
 
モツ煮やラーメンを食べてる間にも人はどんどん増えて行きます。
 
そしてメインレースである有馬記念がスタートする前に発表された観衆はなんと驚きの12万人オーバー
 
 
せっかく来たんだから生で見ようとターフへ向かうとそこには想像を絶する人・人・人。
 
勇気を出して一緒に行ったFくんと観衆に突っ込むと、人の波のうねりに飲まれみるみる引き離され、Fくんは見えなくなってしまいました。
 
 
『仕方がない、レースが終わったら連絡しよう』満員電車さながらの状態で、豆粒のように小さいプレゼンターの有村架純さんを遠くに見つめながら私は発走を待ちました。
 



 
で、レースは終了。
 
遊び程度に賭けた馬券は外れましたが『なんかすごかった、いいもん見れた、もう来なくていいけど有馬記念はんぱない』と満足感に浸る私。
 

圏外のスマホほどむなしいものはない


 
人の波からも脱したので、Fくんに連絡することに。
 
 
圏外
 
再起動、圏外
 
『あれ、おかしい!?』
 
5分待つ、圏外
 
中山競馬場から出る、圏外

 
 



 
結局Fくんと連絡が取れたのはレースが終わって、中山競馬場を離れてから30分ほど経過してからでした。
 
Fくんに『ずっと電話してるのに圏外だからどうしようかと思いましたよ』と言われました。
 
Fくんのスマホは問題なく使えていたようです。
 
私のiijは12万人の壁に阻まれて圏外だったよ、ごめんね。
 

いつ何時もスムーズに快適に使えてこそのスマホ

 
経験から学んだこと↓
使いたいときに使えないとスマホは不便だ
 
 
たどり着いた結論↓
大した料金の差じゃないなら時間場所問わず快適に使えて人が密集するような場所でも問題なくつながるワイモバイルの方がいい
 
これが、私が格安SIM(MVNO)ではなくワイモバイルを支持する理由です。
 
通話もそれなりに必要な私は、通話料がかかることにストレスを感じながら電話をするのはイヤです。
 
電話だとちょっとした確認も早く片付きますし、文字を入力して伝えるには時間がかかることも電話ならすぐ済んだりもしますからね。
 
それにガラケーユーザーの母とはLINE通話ができませんし、そもそもLINE通話の音質は好きになれないです。
 

ワイモバイルを選ぶ理由 たった数百円で快適が買える

たった数百円で快適に安定して使えるなら私は喜んでお金を払います。
 

IIJ ワイモバイル
ネット:6GB 2220 1年目:2980 2年目3980
10分かけ放題 830 0
合計 3050 平均:3480

 
IIJとワイモバイルではこのように平均すると月額430円の差があり、他の格安SIMと比較しても数百円かはワイモバイルの方が高いでしょう。
 
しかし逆に見れば、場所や時間を問わないソフトバンク回線をそのまま使った快適なネット通信がたった数百円の差で手に入ります。しかも10分までの通話が無制限で無料
 
最安であることが一番な人は格安SIMを選べばいいと思いますが、質と価格というコスパで見ればワイモバイルという選択が一番だと私は思っています。
 
Y!mobileをあなたの手に
 

まとめ

有馬記念に行くならワイモバイル
 
今回の教訓の全てがここにつまってます。









1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。