ウィルコムのPHSからSIM単体に変更すると適用になる特典




ウィルコムのPHSは現在ワイモバイルに引き継がれサービスは継続していますが、残念なことに縮小され近い将来使えなくなる運命にあります。

『せっかくだからワイモバイルで使い続けたい』という方は、ワイモバイルのスマホに機種変更することもできますが、もうひとつの選択肢としてSIM単体の契約に変更するという方法があります。

今回はPHSをワイモバイルのSIM単体契約に変更する場合のメリットや適用になるキャンペーンについて解説します。



SIM単体を契約するメリット

ワイモバイルのスマホではなくSIM単体を契約するメリットは

  • スマホの分割支払いに縛られない
  • 好きなSIMフリースマホを選べる
  • 今持っているSIMロック解除スマホで使える

 
ということでしょうか。

ワイモバイルのスマホを契約すればショップで修理が受けられたり使い方の相談に乗ってもらえるのでそれはそれでいいことなんですが、それを必要としない人もいると思います。

なんせPHSからSIM単体の契約に変更する方法をネットで模索してここにたどりついたアナタですから。

で、あればスマホの分割払いに縛られず好きなSIMフリースマホで使い、場合によっては更新月以外でも9500円で他社に乗換えたり解約できたりするSIM単体契約の方が身軽と言えます。
 

SIM単体の月額料金

ワイモバイルのSIM単体契約の料金は下記の通り↓

スマホスマホプランS スマホスマホプランM スマホスマホプランL
1GB+10分かけ放題 3GB+10分かけ放題 7GB+10分かけ放題
基本料金 2980 3980 5980
ワンキュッパ割 -1000 -1000 -1000
1年目の料金 1980 2980 4980
2年目以降の料金 2980 3980 5980

 
補足ですが、PHS同士なら1通話2時間45分までは無料という特典がありますが、ワイモバイルスマホになるとその特典は使えません。

また、ワイモバイルが出している2つ折りのケータイ、新ケータイというシリーズでも同様にこの特典は使えません。

PHSもスマホプランの10分までの通話無料対象に含まれますが、長電話のためにPHSを使っている人は注が必要ですね。
 

適用キャンペーン

PHSからワイモバイルスマホに切り替える特典が、SIM単体でも適用になるのかという表です。

ワンキュッパ割 適用
スマホプランデータ増量プログラム 非適用
事務手数料無料 適用

 
間違いがあってはいけないので、ワイモバイルのカスタマーセンターに電話して確認したんですが、まさかのデータ容量2倍が非適用。

ワンキュッパ割や事務手数料無料はワイモバイルスマホに契約変更する場合と同様に適用となるのですが、データ容量2倍はSIM単体契約だと適用になりません。

『3GBじゃ足りない、6GB欲しい』ということであれば、ワイモバイルスマホに契約変更するしかありませんね。
 

ソフトバンクという選択肢

『ワイモバイルには魅力的な機種がないよ』ということなら、ソフトバンクにお得に乗換えられるキャンペーンを使ってみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクであれば最新のiPhone7もXperiaXZsもありますよ。

なにやら4万円お得に乗り換えることもできるそうです。

【4万円お得】ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えるなら今でしょ!?

まとめ

PHSからワイモバイルSIM単体契約への変更についてまとめると↓

  • PHSからワイモバイルのSIM単体契約に変更することは可能
  • 事務手数料も無料、ワンキュッパ割も適用になる
  • データ容量2倍は適用にならないので注意

 
という感じです。

以前までPHSはワイモバイルスマホに機種変更するしか選択肢がなかったのですが、SIM単体への変更も可能となり選択肢は広がりました。

このままPHSで使えるところまで使うもよし、ワイモバイルスマホに変えるもよし、SIM単体にするもよしです。

『停波になって気付いたら使えなくなってた』というのだけ気を付けてくださいね。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。