Android One X3 が一括11,111円!ワイモバイルはいい買い物の日特典を見逃すな




いい買い物の日の恩恵として Android One X3 が一括11,111円とトキメキプライスになってます☆

おサイフケータイ対応の国産スマホをお手頃価格で一括購入できるチャンス到来。



Android One X3 一括11,111の条件と注意点

いい買い物の日の恩恵によるキャンペーン価格なので、色々と条件があります。

「いい買い物の日ってなんやねん!?」という方はこちらをどうぞ↓

【2018】ワイモバイル版いい買い物の日 特典まとめ 一括特価・ソフトバンク光・Yahoo!ショッピングなどなど

2017.10.25
  • 受付期間は11月1日~11日だよ
  • ドコモ、auからの乗換 (MNP) 限定で新規は対象外だよ
  • プランはスマホプランSMLどれでもOKだよ
  • 税込みにすると11,999円だけど大目に見てね
  • 24ヶ月以内に解約すると契約解除料とは別に最大37,037円のペナルティが発生するよ

 

新規契約が対象外なのは少し残念。

Sプラン (3GB) OKは嬉しい要素ですね。

Android One X3 の特徴やメリット

Android One X3 の特徴をかいつまんで解説するとこんな感じのスマホです↓

  • 国内メーカーである京セラの製品
  • 防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイ・ワンセグ・指紋認証・赤外線通信など全部入り
  • そこそこの処理能力 (CPUはSnapdragon630、RAMは3GB)
  • Android One シリーズなので安心の月一セキュリティアップデートが約束

 

日本メーカーのスマホらしく、あらゆる機能を詰め込んでみましたという感じのスマホ。

この時代にあえて赤外線通信ができるスマホを開発するのは京セラくらいのものでしょう。

 

ワイモバイルの中ではハイスペックな X シリーズのスマホであり、処理能力もそこそこ優秀。

グラフィックに凝った重たいゲームなんかをバリバリやりたいというこだわりユーザーでなければ満足して使えるスマホです。

Android One X3 一括 11,111円は何円お得なのか

↑これを真に受けて「わぁお!47000円くらいお得じゃん!!」と思ったアナタ、まだまだワイモバイルのことをわかっていませんね (/・ω・)/

ワイモバイルはそんなに大盤振る舞いするようなキャリアではありません。

 

こちら↓が平常運転の Android One X3 のドコモ、auから乗り換えたバージョンの料金表です。

MNP・PHSAndroid One X3
プランSプラン(3G)Mプラン(9G)Lプラン(21G)
基本料金2,9803,9805,980
本体割賦金2,4002,4002,400
月額割引▲1,400▲1,900▲1,900
ワンキュッパ割▲1,000×12▲1,000×12▲1,000×12
1年目2,9803,4805,480
2年目3,9804,4806,480

スマホプランS(3GB)を参考に解説すると、本体代金の分割金がひと月あたり 2,400円かかり、そこに月額割引が▲1,400円され、実質的な負担は 1,000円です。

そしてこの本体代金の実質負担金額を24ヶ月間払うので、1,000円 × 24ヶ月= 24,000円。

この 24,000円 が 11,111円となるので、お得になる金額は 12,889円という計算になります。

 

「でも6万円近くしていた本体代金が11,111円になるのに、なんか1万円ちょいしかお得じゃないなんて、なんだか腑に落ちない (´・ω・`) 」という方のためにもう少し詳しく説明します。

これ↓がAndroid One X3 の一括11,111円バージョンの料金表です。

MNP・PHSAndroid One X3
プランSプラン(3G)Mプラン(9G)Lプラン(21G)
基本料金2,9803,9805,980
ワンキュッパ割▲1,000×12▲1,000×12▲1,000×12
1年目1,9802,9804,980
2年目2,9803,9805,980

本体代金を一括して払ってしまうので本体代金の項目はありませんが、同時に月額割引の項目も消えているんです。

消えた月額割引の金額は ⇒ ▲1,400円×24ヶ月=33,600円。

つまり本体代金が58,100円から11,111円にはなるけど、33,600円の割引の月額割引もなくなるのでお得なのは12,889円という計算になります。

M・Lプランだと889円しかお得じゃないのは内緒だよ☆

ちなみに 12,889円お得なると言ったのはSプラン(3GB)の場合の話で、M・Lプランだと残念な結果となります。

M・Lプランになるど月額割引の金額が500円アップするので、実質的な本体代金の月々の負担は 2,400円ー1,900円=500円。

実質的な本体代金の負担の2年総額は 500円×24ヶ月 = 12,000円 なので、これが 11,111円になるということは、お得になるのは 889円という計算に(;一_一)

 

もちろん本体代金を一括で安く買えるメリットなどはありますし、3GBで足りるという方なら 12,889円得になるので悪い話ではないんですが。

なんともソフトバンクグループらしいやり口だなぁと、思ってしまいます( *´艸`)

おサイフケータイ対応がマストであれば

とは言え国産スマホがよくて、おサイフケータイ対応がマストで、あとは問題なく使えればよくて、リーズナブルな価格で一括購入したいという方の選択肢としてはアリかなぁとも思います。

もし、「おサイフケータイ対応で他に何かいい選択肢ないの?」という方、こんな選択肢はいかがでしょう↓

ワイモバイルSIMでiPhone7を月額3396円で使う方法を考えてみた【本体代金コミコミ】

2018.09.20

Apple Pay 対応の iPhone7 ならピピっとお買い物ができますよ!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。