ワイモバイルはこんな人に向いてます!重要な5つのメリット




ワイモバイルのサービスは数ある格安SIMの中にあっても特徴的なサービスで、向いている人がはっきりしています。

『自分に合っているサービスはどこなんだろう?』と迷っていたあなた、ワイモバイルのサービスは今までに調べた格安SIMとはひと味違いますよ。

ドコモ、au、ソフトバンクとかなり近い存在でありながら料金が安いというワイモバイルの重要なメリットをまとめました。



ネットが遅いのは嫌です

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクという大手通信キャリアに比べて通信速度が遅いという話を聞いたことはあるでしょうか。

これは事実です。その理由を簡単に説明すると、格安SIMは大手通信キャリアから通信回線の一部を借りて商売をしており、一度に通信できる量が大手キャリアに比べて少ないためです。

道路と車に例えて説明すると、10車線という大きな道路を有するドコモ道路(ドコモの通信回線)は多少交通量(ドコモユーザーの通信量)が増えても渋滞せずに車がスイスイ走ります。なんせ10車線ありますからね。

これに対し格安SIM(MVNOとも言います)は10車線あるドコモ道路から2車線だけ借りて商売をしているようなイメージです。

格安SIM道路は車線数が2車線しかないので、交通量(格安SIMユーザーの通信量)が増えると渋滞(通信速度の低下)が起きやすいというわけです。

ねこ
遅いのはイヤだにゃ。じゃあ格安SIMばりに料金の安いワイモバイルもネットが遅いのかニャ!?
じゅんいち
ご心配なく。ワイモバイルは快適にネットが使える理由があるんだ

ワイモバイルのネットが快適な理由

ワイモバイルはソフトバンク系という認識がある方もいると思いますが、ワイモバイルは大きなソフトバンク道路を借りて商売しているわけではないんです。

ワイモバイルはソフトバンクと同じ通信網を使ってサービスを提供しているソフトバンクのサブブランドであり、ソフトバンクとの間に優劣みたいなものはありません。

ソフトバンク道路が10車線あるとしたら、それをそのまま10車線使えるのがワイモバイルの強みであり、それこそが快適な通信速度の理由です。

格安SIMだと朝の通勤時間帯、お昼休憩の時間や夜みんなが仕事を終える18:00以降どうしても通信量が増えて通信速度が遅くなってしまうというのが定説ですが、ワイモバイルにこれはあてはまりません。

大手通信キャリアが時間帯問わず快適に通信できるのと同じように、ワイモバイルも快適にインターネットができます。交通量(通信量)を想定した広々とした道路(通信回線)なので快適に使えるというわけです。

遅くても気にしないという人もいるでしょうが、私は時間帯を問わず快適に使えた方がいいのでワイモバイルを選びました。ワイモバイルの通信速度は快適で満足しています。

ねこ
なるほど、自前の回線だから速いんだニャ
じゅんいち
そうだね。せっかくスマホを使うなら、速くて快適なネット環境がいいという人にワイモバイルは向いているね。

通話をたくさんします

ワイモバイルは10分までの通話が回数制限なく無料でできます。更に『10分じゃ足りないよ』という人でもスーパーだれとでも定額という1000円のオプションに加入すれば通話は完全かけ放題になります。

ここが格安SIMにはない魅力で、格安SIMだとかけ放題のサービスは10分で安くても830円かかります。

MMD研究所による調査で、メインで利用している格安SIMサービスのトップシェア上位5サービスが楽天モバイル、OCNモバイルONE、mineo、IIJmio、BIGLOBEとなっており、それぞれのかけ放題サービスは下記のようになります。

  • 楽天モバイル⇒完全かけ放題:2380円 5分かけ放題:850円
  • OCNモバイルONE⇒10分かけ放題:850円
  • mineo⇒5分かけ放題:850円
  • IIJmio⇒10分かけ放題:830円 3分かけ放題:600円
  • BIGLOBE⇒3分かけ放題:650円

このように完全かけ放題は楽天のみで2380円かかりますし、10分までのかけ放題で安くて830円かかります。

格安SIMの場合、かけ放題のオプションを付けないと基本的に20円/30秒の通話料がかかるので、ひと月に30分通話するだけで1200円、60分だと2400円かかってしまいます。

そう考えると格安SIMで通話をするなら5分や10分のかけ放題を付けた方がよさそうですが、ワイモバイルなら10分までのかけ放題は基本料金にコミコミですし、完全かけ放題も1000円だけです。

ワイモバイルはスマホを安くしたいと通話もたくさんしたいを実現できるサービスなんです。

iPhoneが使いたいんです

iPhoneを使いつつも月々の料金を安く抑えることができたら嬉しいですよね。それはワイモバイルで可能です。

新品のiPhoneで使う場合

もし新しくiPhone欲しいとしても、残念ながらiPhoneはSIMフリースマホのように家電量販店で買うことができません。appleストアで買うか、iPhoneと契約のセットが選べるサービスを選ぶかです。

iPhoneをappleストアで買う場合、iPhone7で72800円、iPhoneSEでも44800円となかなかいい値段します。なんせ天下のiPhoneですからね。

それがワイモバイルであれば新規/ドコモ・auからの乗り換えの場合、iPhone5Sだと実質負担金はゼロ、iPhoneSEでも月々の本体代金の実質的な負担は1000円で手に入ります。

月々の負担が1000円とすれば1000円×24ヶ月=24000円と、Appleストアで購入するよりも約20000円ほどiPhoneSEが安く手に入る計算になります。

今まで使いいていたiPhoneを使う場合

もし今使っているiPhoneが6S以降のモデル(SEや7)であればSIMロックを解除すれば、ワイモバイルのSIM単体の契約をしてそのままiPhoneで使うことができます。

契約のみ今のサービスからワイモバイルに切り替わるので連絡先の以降も、LINEの引き継ぎも何もすることなく使えるのでこのパターンはとっても楽ですよ。

電話番号もそのまま、iPhoneもそのまま月額料金だけ安くなります。

ショップがあった方が安心です

やっぱり何かあった時、ショップがあった方が安心という人はけっこういると思います。ちょとした操作方法がわからなくなった時だったり、料金のことを相談できる場所があると便利ですよね。

いろいろ操作方法を聞きたい

しかし残念なことに多くの格安SIMはオンラインでの手続きを中心に考えられているので、人と対面して手続きできる場所が非常に少なかったりします。全国で数十か所ほどだと困った時にすぐ駆け込むというのは難しいですよね。

その点ワイモバイルは全国にショップを1000店舗以上、量販店などを合わせると3000か所以上の駆け込み寺があります。

こういった理由から『安いのは嬉しいけどネットや電話だけしか窓口がなかったら正直困る』という人であれば、大手キャリアのように身近にショップがあるワイモバイルがおすすめです。

修理もかんたん

また家電量販店などでSIMフリースマホを買って格安SIMで使う場合、SIMフリースマホが故障した場合自分で対処することになります。

大まかな流れで言うと自分でSIMフリースマホの製造元であるメーカーに電話して修理したい旨を伝えます。そうすると修理をするからどこそこまで送ってくれと言われるので指定された場所へ郵送します。

この時問題になってくるのは修理をしている間に代替え機をどうするかということです。何台かSIMフリースマホを持っている人であれば問題ありませんが、なければ自分で用意しなければなりません。

今までのドコモ、au、ソフトバンクならショップで代替え機を貸してもらえて簡単に修理できたものが、自分で何もかも手配するようになって困惑する人も多くいて問題になっていたりします。

このような修理の場面を想定しても『何もかも自分でやるのは困るな』ということであればショップでの修理対応が可能なワイモバイルをおすすめします。

色んな割引があると嬉しいです

格安SIMにも期間限定のキャンペーンはあったりしますが、様々な割引が組み合わせられるワイモバイルの割引幅は格安の中で群を抜いています。

学生じゃなくても申し込める”学割”

まず学割ですが2017年はヤング割という割引をやっていて、新規/MNPで申し込み時に18歳以下の利用者登録をすれば2年目も毎月▲1000円の割引が適用になるという ▲1000円×12ヶ月=12000円 の割引キャンペーンです。

ヤング割の詳細については下記参照↓
ワイモバイルのヤング割とPocket WiFi学割の終了は2017年5月31日まで

仮にヤング割でiPhone5Sをお子さんの初スマホとして持たせるなら2GBのネットと10分までの通話がかけ放題でiPhoneの本体代金もコミコミで月額料金は2年間1980円で使えます。

お父さん、お母さんにとってはお財布に嬉しい話ですよね。

複数台の契約でお得に”家族割”

家族や自分で複数台契約するなら2台目以降毎月▲500円の割引が受けられる家族割という割引もあります。しかもヤング割と家族割は組み合わせて使うことができます。

仮にお子さんに初スマホを持たせるとして、家族割とヤング割を組み合わせてワイモバイルのiPhone5Sだとネットは2GB、通話10分かけ放題、本体代金コミコミで2年間1650円でスマホデビューできちゃいます。

『えっ、1480円じゃないの?』と疑問に思った方は下記参照↓
ワイモバイルのiPhone5Sが1480円にならない理由

家のインターネットとまとめよう”光セット割”

家のインターネットをソフトバンク光にするなら光セット割という割引が受けられます。

家のインターネットをソフトバンク光に加入して光セット割を申し込めばワイモバイルのスマホからスマホプランSで▲500円、スマホプランMで▲700円、スマホプランLで▲1000円の割引が受けられます。

家のインターネットはスマホと組み合わせて割引を受けるとお得になる時代です。家のインターネットとスマホの会社をバラバラにしていてはもったいないですよ。

スマホはワイモバイルにして家のインターネットも新しく考えているという人であれば、ソフトバンク光をおすすめします。

『もう家のネットは使っているよ』という人でも、もし家のインターネットがフレッツ光であれば工事もせず、申し込みだけでソフトバンク光に切り替えられる可能性が高いので一度検討した方がいいです。

私もフレッツ光からソフトバンク光に切り替えて割引の恩恵にあずかっています。

SoftBank光キャンペーン!新規で32,000円、他社転用で21,000円のキャッシュバック

結局どれくらい安くなるの

で、結局のところワイモバイルに乗り換えたらいくらになるのか、SIM単体、iPhone5S、iPhoneSEのパターンで料金をまとめました。

SIM単体契約 新規/ドコモ・au・ソフトバンクから乗り換えた場合

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
2GB&10分かけ放題 6GB&10分かけ放題 14GB&10分かけ放題
1年目 1980 2980 4980
2年目 2980 3980 5980
3年目~ 2980 3980 5980

SIM単体契約の場合、新規でもドコモ、au、ソフトバンクから乗り換えた場合でも料金は変わりません。以前はソフトバンクから乗り換えた場合、条件が悪くなったりしましたが改善されました。

iPhone5S 新規/ドコモ・auから乗り換えた場合

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
2GB&10分かけ放題 6GB&10分かけ放題 14GB&10分かけ放題
1年目 1980 2980 4980
2年目 2980 3980 5980
3年目~ 2980 3980 5980

このパターンだと本体代金の実質負担はゼロになるのでSIM単体契約と月額料金は変わりません。

iPhone5S ソフトバンクから乗り換えた場合

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
2GB&10分かけ放題 6GB&10分かけ放題 14GB&10分かけ放題
1年目 2480 3480 5480
2年目 3480 4480 6480
3年目~ 2980 3980 5980

ソフトバンクからiPhone5Sに乗り換えた場合、月額料金は新規、ドコモ、auから乗り換えた場合と比べ500円高くなります。

iPhoneSE 新規/ドコモ・auから乗り換えた場合

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
2GB&10分かけ放題 6GB&10分かけ放題 14GB&10分かけ放題
1年目 2980 3980 5980
2年目 3980 4980 6980
3年目~ 2980 3980 5980

新規、ドコモ、auからiPhoneSEに乗り換えた場合、本体代金の実質負担金は月々1000円となります。

iPhoneSE ソフトバンクから乗り換えた場合

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
2GB&10分かけ放題 6GB&10分かけ放題 14GB&10分かけ放題
1年目 3480 4480 6480
2年目 4480 5480 7480
3年目~ 2980 3980 5980

ソフトバンクからiPhoneSEに乗り換えた場合、月額料金は新規、ドコモ、auから乗り換えた場合と比べ500円高くなり、本体代金の実質負担金は月々1500円となります。

適用できる割引を考えよう

先ほども説明しましたが、ここから色々な割引を組み合わせれば更に料金は安くなります。

  • ヤング割:18歳以下の利用者登録で2年目も月額料金から▲1000円割引
  • 家族割:家族もしくは自分で複数台契約の場合2回線目から月々▲500円割引
  • 光セット割:家のインターネットをソフトバンク光にすればSプラン▲500円、Mプラン▲700円、Lプラン▲1000円割引

注意点として、家族割と光セット割の割引併用はできません。ヤング割は家族割とも光セット割とも併用が可能です。

さぁあなたの場合月額料金はいくらになったでしょうか。

まとめ

ワイモバイルのメリットは下記の通り。

  • ネットが快適
  • 通話がたくさんできて安い
  • iPhoneがお得な料金で使える
  • ショップがあって安心
  • 色んな割引を組み合わせれば更にお得になる
ねこ
この5つに”ステキ☆”と思うならワイモバイルに向いてるニャ

実際の個人的なワイモバイルユーザーとしての感想は、ソフトバンクのiPhone7よりもワイモバイルのSIMの方が快適に感じるほど通信速度には満足しています。

また家のネットもフレッツ光からソフトバンクに切り替え、割引も受けられているので料金も満足しています。

困ったことが今のところないのでショップ行くことはありませんが、色んな場所にワイモバイルショップがあるのを見かけると『困った時は身近にショップがあって安心できるな』と思っています。

さぁあなたもワイモバイルに乗り換えてスマホの料金を安くしてみませんか。

ワイモバイルオンラインストアはこちら
 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。