ワイモバイルのかけ放題がパワーアップ!注意点と変更点を解説




『格安SIMにしたいんだけど、けっこう通話するんだよなぁ』と不安を抱えたあなたに朗報です。

ワイモバイルのかけ放題がパワーアップし、2種類のかけ放題をうまく使えばスマホの月額を安く抑えつつ通話をたっぷり使えるようになりました。

ワイモバイルのとってもお得なかけ放題の仕組みと知っておきたい注意点について解説します。



長い通話はしないがある程度通話をする人

仕事でこまめな連絡を頻繁にしたり、帰宅時に『今駅に着いたよ、何買って帰ればいい?牛乳とプリンね、わかった、買って帰るわ~』みたいな会話を日常的にする方は、5分とか10分のかけ放題が必要ですよね。格安SIMでも5分のかけ放題をオプションで選択できる会社も増えており、おおよそ830円~850円で5分のかけ放題をオプション追加できますが5分は少し短いと感じませんか?
 
ワイモバイルの場合はどうなっているかと言うとスマホプランS・M・Lそれぞれに10分のかけ放題が0円で付いています。多くの格安SIMのかけ放題よりも5分長い10分のかけ放題です。
 
実はこの10分かけ放題ですが2017年2月1日よりパワーアップし、もともと月に300回までという上限があったのですが、この上限が取っ払われ1回の通話が10分までであれば何回電話しても通話無料となりました。大手キャリやのカケホーダイライトという5分のかけ放題で現在契約している人であれば、ワイモバイルにすればそれが10分に伸びるので倍通話できることになりますね。
 

10分かけ放題は外せるのか?

この10分通話し放題ですが『あんまり通話しないから外してもっと安くできないの?』と思う方もいるかもしれませんがオプションではないので外せません。そしてワイモバイルには10分かけ放題が付かないスマホのプランはいまのところありません。
 
使おうが使わまいが払う金額は同じなので、lineで済ませているちょっとした連絡を電話に切り替えて使ってみてはいかがでしょうか?通話だと待ち合わせの『どこいるの?え?看板の下?何の看板?』みたいなやり取りも早く解決しますので。
 

がんがん長電話する完全かけ放題派

電話で仕事の商談をしたり、恋人との通話であったり、おしゃべり友達との電話は長くなってしまいますよね。そんな人には完全かけ放題の”スーパーだれとでも定額”がおすすめです。完全かけ放題は大手キャリアだと2700円とられますが、ワイモバイルだとオプション料金なんと1000円ポッキリです。
 
安いですよね。格安SIMの5分かけ放題ですら850円くらいとられるので通話をたくさんする人はワイモバイルの料金体系がかなりお得。
 
ちなみに格安SIMで完全かけ放題は存在しないかと言うと、ほぼ存在しない存在になっています。なぜほぼかと言うと、楽天モバイルが100人限定で完全かけ放題のトライアル申し込みを実施したからです(もう申し込みは終了)。しかも金額は1980円。
 
ワイモバイルの完全かけ放題スーパーだれとでも低額の約倍の金額です。このようにかけ放題のサービスを安価で提供できるのは自社で通信回線を持っているワイモバイルならではの強みなので、『スマホの月額を安くして、しかもがんがん通話したい!』という人にワイモバイルは合っていると言えるでしょう。
 

無料通話の対象

かけ放題の対象ですが10分のかけ放題でも完全かけ放題でも無料通話の対象はドコモ、au、Softbank、ワイモバイル、おうちの電話、その他の格安SIMも対象です。何時から何時までじゃないと無料じゃないみたいなソフトバンクのホワイトプランのようなものではなく時間帯の制約はありませんのでご安心下さい。
 
ただ国際電話やナビダイヤルなんかに電話するとしっかり料金をとられますのでご注意下さいね。
 

注意点

最後にワイモバイルのかけ放題には注意点が2つあるのでそれを説明します。一つ目は留守番電話に関するもので、ワイモバイルでは多くの機種で留守番電話のサービスが無料で使えます。しかし、留守番電話のサービスを利用すること自体は無料なのですが、留守番電話センターアクセスして預けられているメッセージ内容を確認している間の時間に通話料がかかります。
 
これは10分以降はということではなく、完全かけ放題に加入していればかからないということではなく1秒目からしっかり料金(30秒あたり20円)がかかります。なので、留守番電話の内容を確認するよりも『もしもし不在着信あったけど要件なんだったー?』と電話をかけてしまえばいいと思います、通話は無料なので。
 
二つ目の注意点は、ワイモバイルカスタマーセンターへの通話が完全無料ではないということです。普通カスタマーセンターへの問い合わせって無料でしょと思っている方も多いと思いますが、ワイモバイルのオペレーターとやりとりできるダイヤルは有料です。
 
ただし10分かけ放題の方はちゃんと最初の10分までは無料で、通話料がかかるのはそれ以降の通話時間に応じてということです。仮に10分のかけ放題の人がオペレーターとやりとりできるダイヤルに15分電話をかけたとすると10分は無料で、5分の通話料がかかるということですね。もちろん完全かけ放題のスーパーだれとでも定額に加入していれば全て通話は無料になりますので安心して下さい。
 

まとめ

今回の記事をまとめると

  • 10分×無制限のかけ放題はスマホプランS・M・Lに無料で付く(外せない)
  • 完全かけ放題のスーパーだれとでも定額は月額1000円ポッキリ
  • 無料通話の対象は全キャリア、おうちの電話OKで時間帯のしばりもなし
  • 留守番電話とカスタマーセンターへの問い合わせは注意せよ

 
という感じになります。

ワイモバイルのかけ放題サービスは通話する人へのメリットは多く、内容も充実していると思います。ぜひ『通話もがんがん使って格安デビューしたいぜ!』という方はワイモバイルへどうぞ。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。