ワイモバイルでパケットの繰り越しできないに困らない対処法




結論から先に言うと、ワイモバイルはパケット(データ通信量)の繰り越しができません。
 
しかしパケットの繰り越しができなかったとしても、うまくデータ使用量を抑えて速度制限にかからないようにする対処法はあります。
 
パケットの繰り越しがなくてもワイモバイルとうまく付き合っていく対処法を解説します。



パケットの繰り越しが必要ですか?

ワイモバイルはパケットの繰り越しができませんが、そもそもデータ通信量の上限に達しなければ特に関係のない話です。
 
ワイモバイルは現在データ通信量が2年間2倍使えるキャンペーンを実施しています。キャンペーンと聞くと期間限定のような印象を受けますが、実はこのデータ容量2倍キャンペーンは2015年9月1日に始まって余裕で1年半以上継続中。
 
もはやキャンペーンと言うよりも、これがワイモバイルのデフォルトだと言っても差し支えないんじゃないでしょうか。
 
データ容量が2倍だとSプランは1ギガが2ギガ、Mプランは3ギガが6ギガ、Lプランは7ギガが14ギガ使えます。私の場合、データ使用量の平均は4ギガくらいで多くても5ギガほどです。契約のプランは6ギガなので毎月余ってます。
 
もったいないようにも思いますが私は速度制限にかからないのでパケットを繰り越せないことがデメリットだと感じません。
 
あなたがパケットが繰り越せないことを気にする必要があるのか、まず自分の使っているデータ使用量を確認してみてみることをおすすめします。
 

パケットが繰り越せない対処法


 
『データ使用量を確認してみたら毎月6ギガすれすれまで使ってるんだけど私!』という人だと対策が必要ですね。パケットが繰り越せない対処法”節約する”、”もらう”、”買い足す”という3つについて解説します。
 

パケットを節約する

まず、できるだけデータ使用量を節約するようにしましょう。『ネットは1日1時間までで!』ということではなくて、つなげるwifiの環境があるならそっちにつないでしまいましょう。
 

家や職場のwifiを活用する

家や職場あとは学校とかだとwifi環境が整っていることが多いですよね。家や職場のwifiにつないでネットしたり動画を見ている間のデータ使用量は、あなたが契約しているワイモバイルのデータ使用量にカウントされません。
 
もしwifi環境が整っている場所があなたの生活圏にあるならなるべくそっちを使いましょう。wifi環境が整っているのにスマホのデータ通信を使うのはもったいないです。
 

freeのwifiスポットを使う

無料で使えるfreeのwifiスポットは意外と身近にあったりします。登録が必要なものもありますが、それが使えればデータ使用量ノーカウントスポットをゲットできるので探してみてはいかがでしょうか。
 
Japan Connected-free Wi-Fi
 

駅やコンビニで使えるフリーのwifiスポットで私も何度か使ったこがあります。
 

ソフトバンクwifiスポットを使う

ソフトバンクwifiスポットが使えるのはワイモバイルユーザーの特権なのでとことん使ってやりましょう。
 
言わずもがなですが、目印はこのお父さん犬のコレです↓
 

 

パケットをもらう

ワイモバイルにはパケット(データ通信量)をもらう仕組みがいくつかあります。
 
それをうまく使えばパケットをもらうことができます。
 

パケットマイレージ

ワイモバイルのパケットマイレージという仕組みを使えばデータ通信量をもらうことができます。
 
Yahoo! JAPANトップページにログインしたり、パケくじを引いたり、Yahoo!ショッピングで買い物するとマイルが獲得でき、その獲得したマイルに応じてデータ通信量がもらえるという仕組みです。
 

 
パケットマイレージの詳細
 
正直言うと私はこのパケットマイレージには『へー』という感じで流してますが、コツコツポイントをあつめたりするのが好きな人にはいいサービスだと思います。
 
日々のネット検索や買い物をするだけでデータ通信量がもらえますからね。
 

enjoyパック

enjoyパックというオプションに加入すると、オプションの特典として500メガ(0.5ギガ)のデータ通信量がもらえます。
 

 
このenjoyパックというオプションは最近特典がパワーアップしていて、500メガ分のパケットがもらえる他に、Yahoo!ショッピングでもらえるTポイントが増えたり、Yahoo!ショッピングで使えるクーポンがもらえたりします。
 
Yahoo!ショッピングをよく使う人にはポイントが倍になったり、500円分のクーポンがもらえたりするのでお勧めですよ。
 

パケット買い足す

データ使用量を使い切ってしまった場合、500メガごとに500円で買うことができます。
 
人間、時にはあきらめが肝心。足りなければ買い足しましょう。買い足しはマイワイモバイルからできます。
 
もしデータ通信量を度々買い足すのであれば、そもそもプラン自体ひとつ上のプランに変えた方がいいかもしれませんね。
 

パケットの注意点

冒頭にワイモバイルはパケット(データ使用量)が2倍になるキャンペーンをやっているという話をしましたが、契約した最初の月はデータ通信量は倍になりません。
 
Sプランの1ギガは1ギガのまま、Mプランの3ギガは3ギガのままです。ワイモバイルはパケットの繰り越しができないことと合わせて注意点として覚えておいてください。
 
またワイモバイルは初月の料金が日割りになりますが、使えるパケットは日割りにならず1ギガのプランなら丸々1ギガ使えますのでそこは安心してください。
 

あわせて読みたい

まとめ

ワイモバイルはパケットの繰り越しこそできませんが、ネットの通信速度が安定して快適だったり、かけ放題のオプションが充実していたりといいところもたくさんあります。

  • wifiにつないで節約する
  • パケットマイレージでパケットをもらう
  • enjoyパックで500メガもらう
  • 買い足しは500円からできる

これらの対処法でワイモバイルをお得に使えるなら、パケットの繰り越しができない問題も回避できるかもしれませんね。









2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。