Android one 507SHが値下げ コミコミ1480円で使えるディグノE(503KC)との比較




ワイモバイルの初代Android one 507SHが9月29日より値下げになります。

Android oneシリーズ隆盛の立役者である507SHがこみこみ1480円で使える機種の仲間入り。

新規・MNP・機種変更などの料金パターンまとめました。



507SHの新月額料金

9月28日までは、例えば新規だと実質的な本体代金の負担が毎月1000円かかっていました。

それが変更後の料金になると、念願の実質負担0円になります。家族割や光セット割の割引を発動させれば1480円で使える機種となってます。

新規・MNP・契約変更

android one 507SH
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 1400 1400 1400
月額割引 ▲1400 ▲1400 ▲1400
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 1980 2980 4980
2年目 2980 3980 5980

機種変更・ソフトバンクからのMNP

android one 507SH
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 1400 1400 1400
月額割引 ▲900 ▲900 ▲900
1年目・2年目 3480 4480 6480

507SHってこんな機種

507SHは2016年7月に発売された機種なので、新しくはないものの改定後の料金なら十分に魅力的な機種です。

セールスポイントはこんな感じ↓

・3010mAhの大容量バッテリーにIGZO液晶なのでバッテリーの持ちがいい
・本体のストレージが16GB(ディグノEより本体に保存できるデータが2倍多い)
・マイクロSDカード対応(内部ストレージとして扱える)
・防水・防塵対応なので安心して使える
・ワンセグが見れる
・CPUはSnapdragon617
・安心の国産モデル シャープ製

507SHとディグノE(503KC)の比較

同じ実質負担0円機種のディグノE(503KC)と比較してみます。

android one 507SH DIGNO E(503KC)
メーカー SHARP 京セラ
OS Android 7.1 Nougat Android 6.0 marshmallow
CPU Snapdragon617
MSM8952
(1.5GHz×4 + 1.2GHz×4)
Snapdragon410
MSM8916
(1.2GHz×4)
メモリ(RAM) 2GB 2GB
ストレージ(ROM) 16GB 8GB
ディスプレイ(解像度) 5.0インチ
HD(1280×720) IGZO
5.0インチ
HD(1280×720)
バッテリー容量 3010mAh 2300mAh
カメラ(メイン/フロント) 1310万画素/500万画素 800万画素/200万画素
連続待受時間 3G:875時間
LTE:745時間
AXGP:695時間
3G:860時間
LTE:650時間
AXGP:600時間
連続通話時間 3G:1220分
LTE:1220分
3G:1190分
LTE:880分
サイズ(高さ×幅×厚さ) 142×71×8.8 142×72×10.8
重さ 135g 138g
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM
Wi-Fi(対応規格、周波数) b/g/n
(2.4GHz)
b/g/n
(2.4GHz)
対応周波数帯 3G
900MHz(8)
2.1GHz(1)FDD-LTE
900MHz(8)
1.7GHz(3)
2.1GHz(1)

TD-LTE
2.5GHz(41)

3G
900MHz(8)
2.1GHz(1)FDD-LTE
900MHz(8)
1.7GHz(3)
2.1GHz(1)

TD-LTE
2.5GHz(41)

最大通信速度 FDD-LTE
下り最大:187.5Mbps
上り最大:37.5MbpsAXGP
下り最大:165Mbps
上り最大:10Mbps
FDD-LTE
下り最大:112.5Mbps
上り最大:37.5MbpsAXGP
下り最大:110Mbps
上り最大:10Mbps
VoLTE(HD+) / VoLTE -/〇 -/〇
カラー スモーキーブルー
ブラック
ホワイト
レッド
ホワイト
ブラック
充電端子 microUSB microUSB
指紋認証
ワンセグ
おサイフケータイ
防水/防塵 IPX5、IPX8 / IP5X IPX5、IPX8 / IP5X
耐衝撃
microSDカード 〇 最大200GB 〇 最大200GB

カメラの画素数もCPUの処理能力も507SHが上。まぁ発売された時期も507SHの方が新しいので仕方ないとは思いますが、同じ価格であることを考えると、パフォーマンスでは507SHに軍配が上がります。

ディグノEを選ぶとすれば、耐衝撃にや赤外線通信に重きを置く人でしょうか。あとはwillcom時代からの熱心な京セラファンとか。

『どっちか一つ選べ』と言われたら、私は507SHを選びます。ストレージも16GBあり、CPUも一応スナドラ600番台ですからね。

バッテリーの持ちが優秀

507SHのバッテリー持ちはLTE待ち受けで約745時間となっており、この数値は最新のスマホと比べても優秀な数値。

最新のスマホはディスプレイが高精細なモデルが多いですが、裏を返せばそれだけ電力を必要とします。バッテリーもちを優先させるなら、507SHのようにHDディスプレイの方がいいという人も多いでしょう。

『HDだと、画面のキレイさはどんなもんなのさ?』こればっかりは実機を見てあなたがどう感じるかどうかとしか言えませんが、問題なく使える人の方が多いと思います。

バッテリーの持ちを犠牲にしてでもディスプレイの解像度を優先する私のような愚か者は、WQHDやら有機ELに飛びつかせておけばいいんです。

CPUはオクタコアのSnapdragon617

507SHのCPUはSnapdragon617で、antutuで50000点に届かないくらい(ディグノEの410になるとこの半分ほど)。Zenfone3(60000点オーバー)に搭載されている625と比較すると溝をあけられてしまいますが(^_^;)

617はSIMフリースマホでDSDSの走りになってよく売れたMoto G4 Plusに搭載されていたCPUなので、そこそこのパフォーマンスは期待できます(ミドルユーザーまでなら)。

3Dゲームにはもちろん向きませんが、安さ重視で実質負担0円の機種としてなら悪くないと思います。

Android oneシリーズはマイクロSDを内部ストレージとして扱える

内部ストレージが少ないと心配になるのは、アプリがたくさんダウンロードできないということではないでしょうか。

例外的なリテラシーの方を除けば、アプリはSDカードには保存できず、スマホの内部ストレージに保存するしかありません。

その内部ストレージがいっぱいになると、アプリの保存先がなくなってしまいますが、SDカードを内部ストレージにできる507SHなら心配無用。

『ゲームとか結構する!色んなアプリに興味があるから、たくさんインストールしたい!!』という方ならこの機能は嬉しいと思いますよ。

注意点

OSのアップデート保証は18ヶ月まで

507SHはAndroid oneシリーズなので『ずっと最新OSが使える。やった!!』と思っている方は注意して下さい。

確かにAndroid oneはOSのメジャーアップデートが保証されていますが、それは発売後18カ月までです。

つまり2016年7月に発売された507SHはandroid8.0 Oreoのアップデートには対応するでしょうが、9.0が対応になるかはわからないんです。

私も使っていたGoogleの謹製スマホであるNexus5もヌガーは降ってきませんでした。いつか置き去りにされる運命なのです。

おサイフケータイはなし

残念ながらおサイフケータイついていません。

スマホケースにスイカを入れるなどして下さい。

こんな人におススメ

・スペックよりも料金重視 1980円で使いたい!
・安心の国産で防水防塵が好み
・ゲームはしてもツムツムくらいのミドルユーザーだ
・最新OSであるOreoに興味がある
・プリインのキャリアやメーカーのアプリにうんざりする
・前から507SHが欲しくて、値下げを待っていた!
・ワンセグlove 帰りの電車の中でプロ野球中継見たい
などなど

実質負担0円ですし、最新OSであるOreoにも近々対応するでしょうし、シンプルに必要なアプリだけ使いたいという人にはいい機種だと思います。

ワンセグも見れますし、防水・防塵対応の日本製スマホ。やっと値下がりして、グッと手が出しやすくなりましたね。

光セット割にしたらもっと安くなるで

家のネットをソフトバンク光にして光セット割を組めば割引が受けられ、料金はこんな感じになります↓

新規・MNP・契約変更の場合
光セット割 なし 光セット割 あり
スマホプランS(2GB) 1980  1480 
スマホプランM(6GB) 2980  2280 
スマホプランL(14GB) 4980  3980 

みなさん光セット割という割引をご存知でしょうか?

かんたんに説明すると『家のインターネットも同じソフトバンクグループでまとめてくれたら割引をするよ』という割引です。

家のインターネットとスマホ、割引のない組み合わせにしておくのはとってもったいない話。

私も家のインターネットをソフトバンク光にして、ワイモバイルの料金から割引を受けてます。

どうせ使うスマホと家のインターネットなので、お得で安い組み合わせで持ちたいので。

ソフトバンク光とは

ソフトバンクが提供している家のインターネットサービスで、組み合わせて持つことでワイモバイルやソフトバンクのスマホから割引が受けることができます。

ソフトバンク光と言ってもNTTの環境を使っているので、NTT(フレッツ光)の環境が入っているマンションならソフトバンク光も使えます。もちろん戸建でもOK。

月額料金もスマホからの割引に必要なオプション料込みでマンションタイプが4300円、戸建が5700円と値段は普通ですが、スマホからの割引があるので得になります。

フレッツ光の方へ

フレッツ光の方は猛烈ラッキー。なぜならフレッツ光からソフトバンク光への切り替えは、転用と言って工事も必要なくかんたんに変更できるからです。

何を隠そう私もこのパターンでソフトバンク光に切り替えたひとりです。やったことはソフトバンク光の申し込みをして、送られてきた無線Lanルーターをセットしただけ。

ソフトバンク光と言っても元はNTTの環境を使っているので、目に見えてすることがほとんどないんです。

要するに環境はそのままで、申し込めばワイモバイルの料金から割引が発生するよいうのがフレッツ光からの転用です。

フレッツ光をやめる際の違約金もほとんどのレアケースを除いてかかりませんし、仮にかかったとしてもそれをソフトバンクで負担してくれるキャンペーンをやっているので問題ありません。

違約金は心配なし

家のインターネットにはなんらかの縛りがあり、やめると違約金がかかる場合がほとんど。またフレッツ光でもプロバイダを契約しているはずなので、これをやめるのに違約金がかかります。

『違約金とかノーサンキュー!!』ご安心あれ。それらの違約金はソフトバンクが10万円まで負担してくれるキャンペーンをやっているので、後から返金されます。

違約金と言っても10000円とか5000円ほどなので、10万円を超えることなんてないでしょう。

返金の対象はau光やJ:comなどの他社のインターネット、プロバイダ(OCNやぷらら、ニフティみたいなやつ)、WimaxもOKです。

個人的な使用感

個人的な使用感を話すと、実のところフレッツ光からソフトバンク光に変えて、料金以外は特に変化を感じてません。

ネットの速度も前と同じようなもの。私のネットの使い方としてはデスクトップPCには有線でつなぎ、wifiにはモバイルノート1台とスマホ3台をつないで使ってます。

ネット検索とHuluやYoutubeで動画は見ますが、オンラインゲームはしません。平均的なミドルユーザーだと思いますが、ソフトバンク光に遅いとか不便を感じたことはありませんね。

私同様『ふつうに使えれば問題ない』という方は、早いことソフトバンク光にして割引受けたほうがいいですよ。



まとめ

  • 507SHが値下げしてグッとお求めやすくなりました!同じ値段ならディグノEよりもおすすめです。
  • ミドルユーザーがターゲット。ワンセグ、防水・防塵、国産、最新OSに興味がある方はぜひ。
  • もし1480円で使いたいなら、家族割か光セット割を申し込みましょう。家のネットと合わせないのはもったいない!

ということでした。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。