ワイモバイルからiPhoneSE+(プラス)は2018年春に発売されるのか




iPhone6Sが10月上旬に発売されることがアナウンスされたばかりのワイモバイルですが、web上では次なるiPhoneの話題が持ち上がっています。

その名もiPhoneSE+(プラス)。Appleが来春に発売するだろうなんて噂があるもので、コンセプト動画やレンダリング画像が公開され早くも話題に。

ポイントはそれをワイモバイルか扱うのかどうか。気になる、気になり過ぎるぞ~~~と思ったので記事にしました。



まず見てくれ。これがiPhoneSE+だ

いや~カッコイイじゃないですか。ただひたすらに、カッコイイ☆

あくまでどこかしらの誰かさんが考えたコンセプト動画ではあるのですが、iPhoneXの仕上がり具合を見ると『Appleさん、これくらいのものは作ってくれるよね』と期待が膨らみます。

ちなみにこのコンセプト動画では
・ベゼルレスディスプレイ(その恩恵で4.7インチへ)
・デュアルカメラ
・True Depth
・Touch ID

これらが実現されているんだとか。10周年記念モデルに搭載されているあれやこれやが、iPhoneSEの後継機に搭載されるかは疑問ですが、これがiPhoneSEの後継機なら欲しいですよね。

iPhoneSE+(新型iPhoneSE)をワイモバイルで扱うのか

もしこの構成なら無理でしょwww

ドコモ、au、ソフトバンクの毎月8000円もらう商売じゃないと、本体代金を回収できないと思います。

だがしかし!結局それも、それを上回る次世代iPhoneが2018年の秋に発売されたころにはワイモバイルでの取り扱いも見えてくるはず。

蛇のようにチャンスを待つのさってことですよ。

iPhoneSEの後継機はフルスペックにならない可能性も

正直なところ、もうすでに最近のハイエンドスマホはユーザーの求める領域を超え、オーバースペックになりつつあると感じてます。

要ります?AR対応の深度センサー。要ります?背景ぼかすためのデュアルカメラ。要ります?寝てる間位にロック解除されるかもしれない顔認証。要らん人には要らん技術です。

要らんものにお金をかけたくないのが人情というもの。いくらiPhoneが好きなみなさんだって、要らない使わない機能を有したiPhoneに10万円も出したくないでしょう。

そもそもiPhoneSEはiPhoneの中でも廉価版としての位置付けで存在してます。その後継機にハイスペックをブチかましますかね?私はそこに疑問があります。

Appleだって10万円払って新型iPhoneを買ってくれるファンも大事だけど、廉価版を検討しているシビアな層にもリーチしたいはず。

そう考えるとiPhoneSEの後継機がフルスペックになるとは思えないんですよねぇ~(@_@)

どこかでいい意味での妥協と差別化がなされ、60000円くらいで販売できる構成で発売されるんじゃないかと思うんですが。

こればっかりは2018年の春を待つよりありませんね。

個人的なiPhoneSEの後継機予想

iPhoneSEの後継機は発売後1年ということもあり、3月の春商戦には登場してくると思います。

しかしこれらはドコモ、au、ソフトバンク3社の独占で、ワイモバイルが入り込む余地はないと予想します。

また新型iPhoneSEのスペックに関しても、iPhoneXに寄せると言うよりもiPhone8に寄せてくると思います。

わざわざ10周年のプレミアムモデルとして発売したiPhoneXの価値を、霞ませるようなモデルを2018年の秋までに出すことはないでしょう。

iPhoneSEよりも進化しているけど、それなりに茶を濁したiPhone。これが私の予想するiPhoneSEの後継機です。

まとめ

とは言っても今の段階では出てくる情報全てが予想や願望の域を出ません。知るのはAppleと神様のみ。

個人的にはワイモバイルがiPhoneSEを取り扱い始めた半年後にiPhone6Sの発売がアナウンスされるなら、そのまた半年後の2018年の春に新しいiPhoneの取り扱いが始まってもいいと思います。というか扱ってくれ。

通信キャリアとして春商戦の目玉は必要なんだから、何かしら驚くようなアクションをワイモバイルが起こすことを楽しみにしています。

まぁがんばれiPhone、がんばれワイモバイル。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。