ワイモバイルでiPhone6Sが発売決定☆月額料金や発売日はいつか




全国のワイモバイルファンのみなさま、そしてiPhoneファンのみなさま、ついにワイモバイルでiPhone6Sの取り扱いが開始されることが発表されました。

現状のワイモバイルにおけるiPhoneの取り扱いは5SやSEと4インチサイズに限定されていましたが、ついに4.7インチのiPhoneがワイモバイルにも降臨します。

iPhone6Sの月額料金についても発表されていますので、発売日と合わせて解説いたします。



iPhone6Sの発売日

見事に予想を外しました、iPhone6Sの発売は10月6日で決定です。

今のところ10月上旬というところまでしかわかっていません。

しかし、過去の傾向から考えると金曜日発売になると思われるので、 6日か13日になる可能性が高く、6日だとプレスリリースから間がないことから10月13日を本命と予想 します。

きっと6Sの発売日にはiPhone8をしのぐ行列が、全国のワイモバイルショップにできていることでしょう。

iPhone6Sの容量

容量は2パターンで32GBと128GBです。

32GBと128GBの料金差は月額500円となっているので、24ヶ月で12000円の料金差というところ。

まぁ妥当な料金差というところですかね。

ちなみにiPhoneSEだと32GBと128GBの差は月額300円で、24ヶ月で7200円差と128GBにお得感があります。

そのうちiPhone6Sの128GBも安くなることを祈りましょう。

iPhone6Sってこんな機種

サイズ ⇒ 4.7インチ
A9チップ ⇒ iPhoneSEと同じです
OS ⇒ ios11に上げられます
livePhotos ⇒ 対応してます
カメラ ⇒ 1200万画素
防水 ⇒ 対応してません
ApplePay ⇒ 対応してません
イヤホンジャック ⇒ 付いてます

 
iPhone6Sは2年前に発売されたiPhoneとは言え、現行のandroidスマホの上位モデルと比較しても遜色ない性能を誇ります。

デュアルレンズ搭載スマホと比較するとカメラ性能は劣るかもしれませんが、3Dグラフィック性能のスコアはSnapdragon820に肉薄しますからね。

WQHDやFHD機種と比較してディスプレイの解像度が低い分CPUにかかる負荷も軽減されますし、iPhone6Sは3Dゲームも難なくこなせる優秀なスマホですよ。

iPhone6Sの月額料金

今のところ新規/ドコモ・auからのMNP、ソフトバンクからのMNP、機種変更という区分でしか料金が発表になっていません。

おそらく契約変更と呼ばれるPHSからの変更も新規/ドコモ・auからの乗り換えと同じ料金になると思いますが、ここはわかり次第記事にしたいと思います。

新規/ドコモ・auからのMNPした場合の料金

iPhone6S( 32GB )
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3000 3000 3000
月額割引 ▲1200 ▲1700 ▲1700
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3780 4280 6280
2年目 4780 5280 7280

 

iPhone6S( 128GB )
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3500 3500 3500
月額割引 ▲1200 ▲1700 ▲1700
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 4280 4780 6780
2年目 5280 5780 7780

機種変更/ソフトバンクからMNPした場合の料金

iPhone6S( 32GB )
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3000 3000 3000
月額割引 ▲700 ▲1200 ▲1200
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 4280 4780 6780
2年目 5280 5780 7780

 

iPhone6S( 128GB )
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3500 3500 3500
月額割引 ▲700 ▲1200 ▲1200
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 4780 5280 7280
2年目 5780 6280 8280

機種変更やソフトバンクからの乗り換えだと高いですね。

 ワンキュッパ割はソフトバンクから乗り換えた場合のみ適用なので、機種変更の場合は例えばSプランなら1・2年目とも5780円 なのでご注意を。

これならワイモバイルで機種変更するより、いっそのことソフトバンクのiPhone7に乗換えるという手もあります。

なにせワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは条件を満たせば

・契約解除料:9500円 ⇒ 0円
・番号移行手数料:3000円 ⇒ 0円
・新規契約事務手数料:3000円 ⇒ 0円
・通信料金より最大1000円×24ヶ月=24000円の割引

 
という強いキャンペーンやっていますし、それに加えて下記の記事で紹介しているソフトバンクをめちゃんこお得に申し込む作戦が使えます。

【4万円お得】ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えるなら今でしょ!?

SIMフリーiPhone6S+格安SIMとの料金比較

AppleストアでSIMフリーのiPhone6Sを購入し格安SIMで使う場合と、ワイモバイルで購入する場合の料金を比較してみましょう。

AppleストアでSIMフリーのiPhone6Sは32GBが50800円、128GBが61800円となっています。

これを24ヶ月間で償却すると考えると下記のような金額に↓
・32GB 50800円÷24ヶ月=2117円
・128GB 61800円÷24ヶ月=2575円

これをもとに格安SIM(MVNO)シェアNo1のOCNモバイルONE+SIMフリーiPhone6Sの料金を出すと↓

OCNを契約しiPhone6Sを購入する場合
3GB 6GB 10GB
基本料金 1800 2150 3000
10分かけ放題 850 850 850
本体割賦金 2117 2117 2117
合計 4767 5117 5967

仮に新規もしくはドコモ・auからの乗り換えでワイモバイルのiPhone6Sを契約するならOCNよりお安くなりますが、ソフトバンクからの乗り換えや機種変更ならOCNよりも若干高くなります。

まぁ若干高いくらいならネットの通信速度も時間帯や場所を問わず快適で、ショップも全国に1000ヶ所以上あるワイモバイルに軍配が上がりそうなものですが、もうちょっとお得感があるといいのになぁと私は思ってしまいました。

個人的な予想だと12月のクリスマス商戦あたりには、各プランもう500円ほど料金が値下がりするんじゃないかと踏んでます。ワイモバイルは新発売は割と高めに出して、徐々に料金を下げていくやり方が好きですからね。

UQモバイルもiPhone6S発売へ

ワイモバイルの後を追うように、UQモバイルからもiPhone6Sの発売が発表されました。こちらの発売日も10月上旬予定だそうです。

UQモバイルも料金を発表しましたが、ワイモバイルの料金に合わせてきました。はじめは両キャリア共に様子見といった感じでしょうか。

ソフトバンクから乗り換えるならUQモバイルの方が、2年間毎月500円安くなります。

9月はiPhone8/Plus、10月は6S、11月はXとAppleさんはこの秋も業界を盛り上げていますね。

まとめ

  • ワイモバイルからついに4.7インチのiPhone6Sが取り扱い開始!
  • 発売日は10月6日に決定
  • 料金的には強気の姿勢!!!

という感じですね。発売日やらなんやら、新しい情報が入り次第更新したいと思います。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。