ワイモバイル iPhoneSEを値下げ!実質負担12000円にMVNO涙目




ワイモバイルがiPhoneSEの月額割引を変更し、実質的な本体代金の金額が変更になりました。

SEの本体代金の実質的な負担額は2年間でたったの12000円です。

最大の値引き幅は16800円と他の格安SIM(MVNO)は涙目になっていることでしょう。



iPhoneSEの値下げを断行

世間ではiPhone8がベゼルレスデザインになるだの、有機ELディスプレイになるだの、指紋認証ボタンが消えるなど噂されていますが、ワイモバイルのiPhoneSEも負けてはいません。

こんなに激しい値下げをするなんて、また有識者会議で『大手の資本があるからできることだ、MVNO市場の成長を阻害している』とmineoさんあたりに嚙みつかれそうですね。

サブブランド批判をワイモバイルが受けるアホらしい理由

で、iPhoneSEがいったいいくらになったかというと、下記の通りです。

新規、ドコモ・auからのMNP、PHSからの契約変更時のiPhoneSE32GBの料金

iphoneSE 32GB
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 2500 2500 2500
月額割引 ▲1500 ▲2000 ▲2000
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 2980 3480 5480
2年目 3980 4480 6480

 

新規、ドコモ・auからのMNP、PHSからの契約変更時のiPhoneSE128GBの料金

iphoneSE 128GB
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3000 3000 3000
月額割引 ▲1700 ▲2200 ▲2200
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3280 3780 5780
2年目 4280 4780 6780

 

ソフトバンクからの番号移行時のiPhoneSE32GBの料金

iphoneSE 32GB
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 2500 2500 2500
月額割引 ▲1000 ▲1500 ▲1500
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3480 3980 5980
2年目 4480 4980 6980

 

ソフトバンクからの番号移行時のiPhoneSE128GBの料金

iphoneSE 128GB
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3000 3000 3000
月額割引 ▲1200 ▲1700 ▲1700
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3780 4280 6280
2年目 4780 5280 7280

 
新規もしくはドコモ・auからの乗り換えなら、iPhoneSEでスマホプランM(6GB)の場合実質負担500円ってやばいですね。

500円×24回で2年間の負担金額の合計は12000円ポッキリですよ。

スマホプランS(2GB)は変わらないというじゃっかんの肩すかしはあるものの、値段が下がったのはユーザーとして嬉しいことです。

iPhoneSEの対格安SIM料金比較

もし格安SIMをiPhoneを使うならAppleストアで購入する必要があります。残念ながら家電量販店で契約のからまない新品のiPhoneは売っていません。

もしAppleストアでiPhoneSEを買えば32GBで44800円、128GBだと55800円します。

これを月々の負担金に換算すると 44800円÷24ヶ月=1867円 という金額になります。

では、これをもとにワイモバイルでiPhoneSEを契約した場合と、AppleストアでiPhoneSEを購入し格安SIMで使う場合の料金差を比較してみましょう。

比較するのは格安SIMのシェアNo.1であるOCNモバイルONEです。その他の格安SIMの値段も似たようなものなので『iPhoneSEを買って格安SIMで使う場合、こんなイメージなのね』と思ってもらえれば結構です。

iPhoneSE(32GB)を購入しOCNモバイルONEで使う場合

OCNを契約しiPhoneSEを購入する場合
3GB 6GB 10GB
基本料金 1800 2150 3000
10分かけ放題 850 850 850
本体割賦金 1866 1866 1866
合計 4516 4866 5716

これがiPhoneSEを買って格安SIMで使う場合のイメージ金額です。もし通話オプションが必要なければ850円引いた金額で捉えておいてください。

新規、ドコモ・auからの乗り換えでワイモバイルのiPhoneSE(32GB)を契約する場合

ワイモバイルでiPhoneSEを契約する場合
Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
1年目 2980 3480 5480
2年目 3980 4480 6480
平均 3480 3980 5980

 
もちろんワイモバイルは全プランに10分までのかけ放題が付いています。

比較の結果として言えるのは月々の料金はほぼ同じで

  • 10分までのかけ放題があるのとないのどっちがいいか
  • 自社で回線を持つ高速なネット通信がいいか、時間や場所によって遅くなってもいいか
  • 全国に1000店舗以上ショップがある方がいいか、ほぼネット窓口のみがいいか
    • ということです。

      今回の値下げでiPhoneSEを使うならワイモバイルの優位性が更に拡大しましたね。

      値段は同じならジーユークオリティーよりもユニクロクオリティーがいいですよねって話です。

      UQモバイルもワイモバイルと同価格へ値下げ

      気になる存在なのがライバル的存在でであるUQモバイル。実はこちらもiPhoneSEの料金を値下げしてワイモバイルと同じ金額となっています。

      どっちがどれだけ安いということはなく、同じデータ通信量のプランなら実質的な負担額は同じです。

      UQモバイルが値下げすればワイモバイルが追いかけ、ワイモバイルが値下げすればUQモバイルが追いかけるという構図はずっと続くんでしょうね。

      ともあれ2つのサービスが競い合ってくれることで、ユーザーとしてはサービスを安く受けられるので嬉しいことです。

      今後も切磋琢磨よろしくお願いします。

      新iPhoneの投入はあるか

      発売から4カ月を目前にしてiPhoneSEの初の値下げに踏み切ったワイモバイルですが、9月にはiPhone8が発表されるかというタイミングでもあり、ワイモバイルでも新iPhoneの期待感が高まります。

      ワイモバイルがこれまでの1年にひとつのiPhoneというルールを壊して、冬商戦めがけて新しいiPhoneを投入すれば面白いですね。

      個人的には安さ優先で『iPhoneSEじゃ画面が小さいんだよなぁ』というユーザーに対して、iPhone6を本体代金の実質負担0円で投入するのもアリだと思います。

      P9Liteで問題なく使えるユーザーが多い世の中です、こういったニーズもあるでしょう。

      もちろんiPhone6Sならなおさら歓迎ですが、まぁ恐らく来年2018年の春まで新iPhoneの投入はないと思います。

      まだiPhoneSEが発売されてから半年も経っていないので、もう少しワイモバイルはiPhoneSEを武器に戦うんじゃないでしょうか。

      まとめ

      • ワイモバイルがiPhoneSEを最大12000円値下げへ
      • UQモバイルも同価格に値下げ
      • iPhoneSEをけいやくするならワイモバイルかUQモバイルが有利

      ということでした。

      値下げ万歳、ワイモバイル万歳\(^o^)/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。