iPhoneXcは2018年にワイモバイルで発売される新型iPhoneの本命だ!




世間はiPhoneSE2のウワサやリーク情報でごにょごにょしてますが、廉価版iPhoneと言えど発売と同時にSE2をワイモバイルで扱うことはないと考えています。

まず、天下の3大キャリア様が優先。

ワイモバイルはその1年後くらいじゃないでしょうか。

『なんだよ!じゃあ2018年はワイモバイルのiPhoneユーザーには夢も希望もないのかよ!!』

・・・(*_*;

そう怒らないでください、今から2018年にワイモバイルで扱われる可能性のある新型iPhoneの話をしますので。



iPhoneXcはこんな見た目らしい

動画をクリックすればスペイン語かポルトガル語のシャワーを浴びれます。

なかなかかわいらしいデザインじゃないですか。

若年層にウケそう。

iPhone5cを思い出しますね。

iPhoneXcならワイモバイルで扱うこともありうる

iPhoneSE2を発売と同時にワイモバイルが扱うのはかなりムリがあると思うんです。

だってそんなことしたら3大キャリア様が『キミが我々と同じ席に着くのは10年早い!』とすごんで来るでしょう。

それになによりソフトバンクでSE2を発売するなら、同グループのワイモバイルに行かれて客単価が下がるのは避けたいでしょうからね。

じゃあ3大キャリアの顔も立てつつ、新型のiPhoneをワイモバイルで扱えるとしたら今までにないシリーズなんじゃないでしょうか。

Appleさんが『これは格安SIMを考えている人で、ロープライスな商品を求めてるお客さん向けの商品だから』とビシッと3キャリアに言ってくれれば、ワイモバイルのみならず他のMVNOにも新型iPhoneが解放されるかも!

逆にiPhoneXcはワイモバイルや格安SIM(MVNO)が独占したら面白いですけどね。

廉価版にも選択肢を

現在Appleさんはどんな棲み分けでiPhoneを発売しているかと言うと↓

  • プレミアム・・・iPhoneX
  • 松・・・iPhone8
  • 竹・・・iPhone7
  • 梅・・・iPhoneSE

こんな感じですよね。

2017年はiPhone10周年とうことでiPhoneXと8の2モデルが発売され、Appleに惜しみなくお金を落としてくれるロイヤルカスタマー向け商品は充実しました。

そのプレミアムコースと松コースが充実すると、どうしても竹コースや梅コースが寂しく見えてしまいます。

それに2018年春にはiPhoneSEの発売が既定路線扱いとなっているので、Appleとしてももう少し竹コースや梅コースのお客さんの胃袋を刺激するスパイスが欲しいはず。

  • 竹コースや梅コースの充実
  • 胃袋を刺激するスパイス

この2点から考えても、驚きの変化球としてiPhoneXcの登場はユーザーにもうけ、Appleとしてもラインナップの充実につながるんじゃないでしょうか。

それにAppleは2017年に2モデルのiPhoneを発表し『2モデル同時発表いいね。SE2の時も同じ感じでやっちゃう?』とムフムフしているかもしれません。

iPhoneXcの価格帯はいくらなのか

iPhoneXcはどんな価格帯で発売されるんでしょうね。

廉価版にも選択肢を!ということでSE2の同価格帯として発売されるケース、SE2より更にチープな価格帯を欲するユーザーに向けて発売されるケースが考えられます。

Appleさんが『我々はこれ以上歩み寄らねぇ、SE2と同じところまで上がってこい!』とするのか、新しいユーザーを捕まえに行くのか。

メーカーとしては利益の低い商品を作りたくないでしょうが、サービス面の拡大(iTunesなど)は求めているはず。

まぁでもやっぱりAppleはメーカーが主であり、ブランドイメージを考えるとSE2と同列の価格帯でとなるでしょうね。

チープな価格帯を求めるユーザーはAppleの有料サービスは使ってくれなさそうですし。

よってワイモバイルまにあっくすではiPhoneXcの発売価格をSE2と同等の4万円台と予想します。

え!?まだ発売すら決まってないって?

(´・ω・`;) 確かに!

まとめ

新型のiPhoneをワイモバイルで扱えるなんてことがあれば非常に喜ばしいことです。

『ワイモバイルのiPhoneってどうせ古いやつでしょ?』そんな風に言われても今までなら泣くしかありませんでしたが

『いやいや、これ、3キャリアで売ってない新型iPhoneなんだぜ☆』・・・言いたい、ぜひこれを言わせてくれ。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。