【4/1まで】ワイモバイルがiPhoneSEの価格を値下げ!一括9800円のばら撒き中




ワイモバイルのiPhoneSEが一括9800円と大変お求めやすい価格になっています!期間限定です!

全国のお父さん、『ねぇパパiPhone買ってぇ~』というお子様の要望に応え、パパLOVEポイントを獲得するチャンスですよ!

特に新規かドコモ、auからの乗換でスマホプランS(2GB)で検討されている方には恩恵の大きい料金改訂です。



iPhoneSEの料金体系

iPhone SE一括販売特典が適用になった場合の料金について解説します。

一括の場合

通常であればiPhoneSE本体代金の一括価格は下記のようになります↓

  • iPhoneSE(32GB)が2000円×24回=48000円
  • iPhoneSE(128GB)が2500円×24回=60000円

今回の料金改定で一括価格が変更になったのが新規・ドコモ、auからの乗換の場合です。

この場合だとiPhoneSEの32GBが一括9800円、128GBが一括19800円となり、本体価格を払ってしまった後の料金は下記の図の基本料金+オプションの料金という構成になります。

仮にiPhoneSE(32GB)を新規で契約する場合、スマホプランSなら分割払いだと実質24000円の本体代金の負担となるので、一括9800円を選択した方が14200お得になります。

128GBの場合だと同じく新規でスマホプランSなら分割払いの本体代金の実質負担額は31200円なので、一括19800円と比較して11400円お得になります。

今回の料金改訂は新規・ドコモ、auからの乗換の場合のみ値下がりした格好になりますが、条件に当てはまるなら10000円以上お得になるわけですね。

まぁスマホプランM以上を選択する場合は、32GBだと実質負担金額が12000円なので一括9800円と比較したお得感が薄れるが気になりますが(*_*)

『子供に持たせるんだからスマホプランS(2GB)で十分!』という方には恩恵大です。

分割の場合

今までの料金体系と比較し、分割払いの場合だと月々の本体代金の分割金が500円値下がりしていますが、割引も500円減っており実質的な負担金に変化はありません。

新規・ドコモ、auからの乗換、PHSからの契約変更

iPhoneSE  32GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 2000 2000 2000
月額割引 ▲1000 ▲1500 ▲1500
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 2980 3480 5480
2年目 3980 4480 6480

 

iPhoneSE  128GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 2500 2500 2500
月額割引 ▲1200 ▲1700 ▲1700
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3280 3780 5780
2年目 4280 4780 6780

ソフトバンクからの乗換

iPhoneSE  32GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 2000 2000 2000
月額割引 ▲500 ▲1000 ▲1000
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3480 3980 5980
2年目 4480 4980 6980

 

iPhoneSE  128GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 2500 2500 2500
月額割引 ▲700 ▲1200 ▲1200
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3780 4280 6280
2年目 4780 5280 7280

スマホプランで機種変更

iPhoneSE  32GB 
プランプラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 2000 2000 2000
月額割引 ▲500 ▲1000 ▲1000
合計 4480 4980 6980

 

iPhoneSE  128GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 2500 2500 2500
月額割引 ▲700 ▲1200 ▲1200
合計 4780 5280 7280

一括9800円は4月1日まで

iPhoneSEの値下げは一時的なもの(学割需要を取り込む狙いか)で、4月1日までとなっています。

2018年1月12日から4月1日までの期間に、iPhone SEをバリュースタイル未加入・一括でご購入いただいたお客さまに、長期継続利用を条件として適用する特典です。

急がなきゃ(;’∀’)

また注意点としてこの一括キャンペーンに乗っかって契約した場合は↓

契約月を1ヵ月目として、24ヵ月以内(ご請求月単位)に解約された場合、経過期間に応じた解除料(32GBは最大29,999円、128GBは最大40,000円)が、スマホプランS/M/Lの契約解除料10,260円に追加でかかります。 

本特典にてご購入の端末はSIMロックの即時解除(一括購入)の対象外となります。

このようにペナルティが大きくなるので、ちゃんと2年使う前提で契約しないとウマミはないようです。

ちゃんと2年使うなら、とってもお得なキャンペーンなので乗っかっちゃいましょう。

キャンペーン終了間際になると、色によっては品切れになって契約できないなんてことになるかもしれませんので検討している方はお早目に。

これは新型iPhoneの予兆なのか!?

iPhoneSEの値下げと聞くと、『これって新しいiPhone発売の予兆なんじゃ・・・』と思う方も多いはず。

今まで(と言ってもiPhone5sだけですが)も完売が近づくと価格が下がり、売り切り態勢になりました。

iPhoneSEのスペックを考えると他機種とのバランスもあるので実質負担0円でばらまくことはないと思いますが、この一括9800円であと数カ月のうちに新しいiPhoneが発売される期待が否応なしに膨らみます(*´ω`*)

世間的にはiPhoneSE発売から丸2年、ワイモバイルとしては1年になる2018年の3月がやっぱり怪しく感じますね。

新しいiPhoneの予想も色々としておりますので、よろしければどうぞ↓

ワイモバイルから2018年に登場するのはiPhone7なのか

2017.06.05

iPhoneSE2が2018年に発売されたらワイモバイルでいつ扱うのか

2017.12.02

iPhoneXcは2018年にワイモバイルで発売される新型iPhoneの本命だ!

2018.01.10

タダじゃない「タダ学割」の影響

恐らくですが、タダじゃないタダ学割へのブーイングも多かったと思うんですよ。

不満続出!?ワイモバイルの無料じゃない「タダ学割」に潜む落とし穴

2017.12.04

それもあってお子様ニーズの強いiPhoneSEで、タダ学割が生きるような仕組みが模索されたんじゃないでしょうか。

タダと言われれば0円で使えることを連想しますが、実際は本体代金の分割金は払わないといけないわけで、今までだとiPhoneSEなら2500円でした。

0円だと思っていたものが2500円。

タダ学割が適用にならない場合だと2980円(新規、分割、Sプラン)、お得なのは480円という詐欺っぷり。

お客さん『なんだよ、どこがタダなんだよ!!!』

販売員『す、すいません・・・( ;´Д`)』

さぞワイモバイルショップの販売員は辛い思いをしたことでしょう。

これが一括9800円になれば本体代金の分割金は消え去るので、正真正銘0円で使えるタダ学割が実現します。

お客さんもワイモバイルの販売員もみんなニッコリですね。

まとめ

本格的な学割シーズンを前にワイモバイルが動いて来ましたね!

『パパ、ワイモバイルのiPhoneSE値下げしてお得になったよ!』と言われてから動くより、『ほら、欲しがってたiPhoneSEだよ』と差し出した方がパパLOVEポイントの上昇値が大きいのは言うまでもありません。

ぜひ、この機会に親子ともどもワイモバイルデビューしちゃいましょう☆









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。