ワイモバイルのiPhone6sが値下げ☆月額料金が300円安く、2年で7200円お得になったよ




『SEはちっさいからイヤなの、4.7インチがいいの!』というアナタ。お待たせしました、iPhone6sが値下げしましたよ!

春は携帯業界最大の商戦期で、学割需要も強かったりするので、ワイモバイルも新製品の発売に値下げにと、近頃色々と頑張ってますね。

ということで、iPhone6sの新料金体系を解説していきます。



iPhone6sの新料金体系

iPhone6sは新規、MNP、ソフトバンクからの番号移行、機種変更いずれも月額料金で300円の値下げ、2年間で7200円の値下げとなります。

値下がりしたとは言え、まだまだ6sは高嶺の花ですね(ワイモバイルでは)。

そんなiPhone6sを検討しているなんて、アナタ、高貴な方とお見受けしました。

新規、ドコモ・auからの乗換、PHSからの契約変更

iPhone6s  32GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3000⇒2700 3000⇒2700 3000⇒2700
月額割引 ▲1200 ▲1700 ▲1700
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 3780⇒3480 4280⇒3980 6280⇒5980
2年目 4780⇒4380 5280⇒4980 7280⇒6980

 

iPhone6s  128GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3500⇒3200 3500⇒3200 3500⇒3200
月額割引 ▲1200 ▲1700 ▲1700
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 4280⇒3980 4780⇒4480 6780⇒6480
2年目 5280⇒4980 5780⇒5480 7780⇒7480

ソフトバンクからの乗換

iPhone6s  32GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3000⇒2700 3000⇒2700 3000⇒2700
月額割引 ▲700 ▲1200 ▲1200
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 4280⇒3980 4780⇒4480 6780⇒6480
2年目 5280⇒4980 5780⇒5480 7780⇒7480

 

iPhone6s  128GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3500⇒3200 3500⇒3200 3500⇒3200
月額割引 ▲700 ▲1200 ▲1200
ワンキュッパ割 ▲1000×12 ▲1000×12 ▲1000×12
1年目 4780⇒4480 5280⇒4980 7280⇒6980
2年目 5780⇒5480 6280⇒5980 8280⇒7980

スマホプランからの機種変更

iPhone6s  32GB 
プランプラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3000⇒2700 3000⇒2700 3000⇒2700
月額割引 ▲700 ▲1200 ▲1200
合計 5280⇒4980 5780⇒5480 7780⇒7480

 

iPhone6s  128GB 
プラン Sプラン(2G) Mプラン(6G) Lプラン(14G)
基本料金 2980 3980 5980
本体割賦金 3500⇒3200 3500⇒3200 3500⇒3200
月額割引 ▲700 ▲1200 ▲1200
合計 5780⇒5480 6280⇒5980 8280⇒7980

iPhoneSEの一括9800をご存知ですか?

『もう知っているよ、SEは小さいからイヤなんだって』ということでなければ、iPhoneSEが期間限定でお得になっているのはご存知でしょうか。

6sは本体代金の実質負担がミニマムで1000円×24ヶ月=24000円ですが、SEなら一括9800円とお求めやすくなっています。

【4/1まで】ワイモバイルがiPhoneSEの価格を値下げ!一括9800円のばら撒き中

2018.01.12

学割需要の多いと思われるiPhone6s(32GB)をスマホプランS(2GB)で新規契約した場合の本体代金の実質的な負担は1500円×24ヶ月=36000円です。

それがiPhoneSE(32GB)だと同じ新規、スマホプランS(2GB)で本体代金が一括9800円なんです。

6sだとタダじゃないタダ学割問題で1・2・3月の月額料金は本体代金の分割金の料金2700円(ひと月あたり)がかかってしまいますが、SEなら本体代金を一括9800円で先に払ってしまうので1・2・3月の月額料金を本当に0円にできます。

スマホプランS(2GB)を選択しタダ学割も適用させる前提だと、6sとSEとの料金差は34300円とけっこう大きな金額になります。

ここは『ムスコよ、ムスメよ、父母を思うならSEにしてくれ』という家族会議を開いてもいいと思いますよ。

ちなみにiPhoneSE一括9800円は4月1日までなので、お早目に。

まとめ

  • iPhone6sの値下げ金額は月額300円の2年7200円だよ
  • iPhoneSEは期間限定でお得になってるよ

ということでございます。

ワイモバイルも春商戦に向けて色々動いているので、私も情報をタイムリーに届けられるよう頑張っていきます( `ー´)ノ









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。