ワイモバイルに詐欺られて契約解除料20520円やられた【体験談】




“ワイモバイル 詐欺” なんて組み合わせで検索すると、ワイモバイルの悪行の数々が出てきます。

実は私もワイモバイルに詐欺られて払わなくてもいい違約金を請求されたことがあります、20520円も。

今回はそんな体験談を記事にしたいと思います。



寝耳に水の20520円

クレカの利用明細に謎の20520円。
 
『ん?』お金の使い道はわりかしきっちり管理しているので、身に覚えのない金額にショートフリーズする私。
 
利用先を確認・・・ワイモバイルW
 
 
『やつらか!(#´Д`;)』
 
 
この時点で何の金額が請求されたのかピンと来ました。
 
しかし、夜も遅かったため、カスタマーセンターも時間外。
 
突撃は翌日に持ち越しです。
 

PHSの契約解除料×2台

請求されたのは恐らくPHSの契約解除料10260円×2台=20520円
 
しかし、PHSの契約は家族割で申し込み副回線になっている場合、契約解除料はかからないはず。
 
ワイモバイルのホームページで確認したところ↓

この通り。
 
 
で、翌日、満を持してカスタマーセンターに電話をしました。
 
 
私『あの、請求されるはずのないPHSの契約解除料が請求されたんですけども・・・』
 
 
正直私は怒っていませんでした。多少面倒だとは思いましたが、どうせ言えば返金される自信があったので。
 
が、しかし、ある言葉が私の怒りのスイッチを入れたのです。
 

怒り

 
オペレーター『解約時に、店頭でどのように案内されましたか?』
 
 
これにイラっとしましたね。
 
 
店頭で案内されたことが全てになるなら『ネット100GB+完全かけ放題で毎月10円で使えます』って言われましたって言えば、お前らその通りにするのかと。
 
仮に店頭で契約解除料はかかると言われたと言えば、『じゃあやっぱり20520円はかかりますね』と言うんかと。
 
そうじゃなくて自分ところのサービスがどうなってるか確認し(できたら頭に入れていて欲しい)、正当な請求だったのか、不当な請求でお客さんに迷惑をかけたのか、まず謝罪して確認するもんだろ!と怒ってました。
 
怒りをぶつけるより早く物事を解決したいタイプの私は怒りを抑え、『店頭でも契約解除料はかからないと聞きましたし、契約時にもそのように説明を受けました。ホームページにもそのように載ってますよ。』と返答。
 
しばらく状況確認と対応方法の確認で保留にされたのち、平謝りモードのオペレーターに返金するから銀行口座を教えてくれと言われ一件落着しました。
 

第2ラウンドもありました

が、しかし。が、しかしですよ。実はこの話、この後もひと悶着あるんですよ。
 
返金されるという期日に銀行口座を確認したら10260円しか返金されていなかったんです。
 
 
これじゃ1台分です。あと1台分の契約解除料はどこ行った・・・。
 
 
即、カスタマーサービスに電話ですよ。
 
私『先日かくかくしかじかの件で対応いただいていた〇〇なんですけど・・・』
 
まぁまたスーパー平謝りされて後日返金されたからいいんですが、要らない時間だったなと思います。
 

詐欺られかかった感想

感想は
 
 
さすがソフトバンクグループ、さすがワイモバイルだね\(^o^)/
 
 
という感じですね。
 
別にこれでワイモバイルが嫌いだ、ソフトバンクが嫌いだとはなりませんが、手を焼かせてくれるキャリアだなぁと思いました。
 
対応が悪かったり、よくわからない誤請求してきたり、そんな刺激もたまにはいいのかもしれません。一種のエンターテイメントですよ。
 
『毎月、毎月使ったぶんだけ請求されると思うなよ!落とし穴を用意してるからな!!』という方が、確かにユーザーとしても張り合いがあっていいですよね。
 
やっぱり、ワイモバイル最高(*´ω`*)b
 
そんな最高なワイモバイルが欲しくなっちゃったあなたはコチラ⇒ワイモバイルオンラインストアはこちら
 









2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。